FC2ブログ

駄目だったか?と一時は思ったのですが・・・!

 この記事の一つ前で、ループ音源「Stylus RMX Expanded」は再設定で使えるようになりましたが、ベース音源「Trilian」とパッド音源「Omonisphere」は、サポート終了の為、使えない事が分かりました!と書きましたが、僕の方でサポートへの問い合わせのメールに書き間違いがあったようで、それで先方がこのソフトのサポートは終了していますので、難しいと思います!との回答になった事。そしてサポートから直ぐに確認のメールが送信されて来た事でその事が発覚。先方からのそのメールには、ダウンロードと再インストールのやり方に付いての説明があり、そしてこのソフトの音色のライブラリーを、僕の方で外付けHDDに保存していた事(音色のライブラリーは、外付けHDDに保存出来るのです!)を、今になって思い出し(理由は、以前使っていたiMacの本体容量を少しでも軽くして、余裕を持たせるようにした事)、音色のライブラリーをiMac本体のHDDのライブラリーの中にドラッグ&ドロップでコピーをして戻してやり、DP9の再起動をすると、見事に使えるようになりました。勿論しっかりと実際に音が出る事も確認をしました。

 後は、この作業中にもドラム音源「BFD2」の問い合わせに対するサポートからの回答メールも届いたようなので、それを読んで実行すれば、「BFD2」も使えるようになるのでは、と考えています。それと残りの一つは、大丈夫だと思っていたドラム音源「Addictive Drum2」に関連したポップアップが、DP9を起動すると必ず最初に表示されるので、それに付いても後日にチェックをしようと思います。そうだっ、それからまだ未確認のドラム音源「EZ DRUMMER 2」とブラス音源「CHRIS HEIN HORNS COMPACT」がありますね。そしてこれらの音色に付いても無事に使える事が分かれば、今回は以前と同じOS 10.11.6での復元になるので、全ての音源ソフトが使えるようになったと言うことになります!!!後もう少しの頑張りです!
スポンサーサイト



サポート終了のソフト音源が・・・!

 問い合わせをしていたベース音源「Trilian」、パッド音源「Atmosphere」、ループ音源「Stylus RMX Expanded」に付いての返信が先方のサポートからあり、ループ音源「Stylus RMX Expanded」はオーサライズを完了して、これまでのように使えるようになりましたが「ベース音源「Trilran」とパッド音源「Atmosphere」は、サポートが終了していて、現状では動作は難しいかも知れません。」と回答がありました。そして実際にオーサライズをやってみると、一応最後まで行き「successful」の表示もありましたが、返信メールで説明があったように、現在は使えなくなっているようです。

音源ソフトの再設定を実行中!

 今日からMacの復元後、自宅録音で使う音源ソフトが実際に使えるのかどうか?に付いての確認、及び再設定を始めました。DP9を立ち上げて再設定など何の問題も無く使えたのはピアノの音源ソフト「Ivory2」位だけだったように、今のところですが確認をしています。その他のソフトは、その多くが再設定をして下さい!と表示がされたので、自分で出来る範囲でオーサライズや再設定をすることで、以前のように使えるようになった事を確認しています。

 再設定の必要が無いと思われる音源ソフトは、ピアノ音源「Ivory 2(Ivory Grand Piamps)」と「Ivory 2 Stdio Grands」。

 再設定を必要として、その設定を終えた音源ソフトは、ドラム音源の「Addictive Drums 2」、ピアノ音源「GALAXY 2 GRAND PIANO」、ストリングス音源「Cinematic Studio Strings」、エレキギター音源「ELECTR6ITY」、アコースティックギター音源「AMPLE GUITER 5 IN ACOUSTIC BUNDLE」、オーケストラ音源「MIROSLAV PHILHARMONIC 2」。

 現在、再設定等に付いてサポートに問い合わせ中の音源ソフトは、ドラム音源「BFD 2」、ベース音源「Trilran」、パッド音源「Atmosphere」、ループ音源「Stylus RMX Xpanded」。

 まだ未確認の音源ソフトは、ドラム音源「EZ DRUMMER 2」、ブラス音源「CHRIS HEIN HORNS COMPACT」。

 以上になりますが、音源ソフトの再設定までには、もう少し掛かりそうですね!

写真をアップしました!

 写真のアップをしました!12月05日(木)から以降の写真になりますので、宜しかったらご覧になって下さい!

音源ソフトの再設定を実行中!

 今日からMacの復元後、自宅録音で使う音源ソフトが実際に使えるのかどうか?に付いての確認、及び再設定を始めました。DP9を立ち上げて再設定など何の問題も無く使えたのはピアノの音源ソフト「Ivory2」位だけだったように、今のところですが確認をしています。その他のソフトは、その多くが再設定をして下さい!と表示がされたので、自分で出来る範囲でオーサライズや再設定をすることで、以前のように使えるようになった事を確認しています。

 再設定の必要が無いと思われる音源ソフトは、ピアノ音源「Ivory 2(Ivory Grand Pianos)」と「Ivory 2 Studio Grands」。

 再設定を必要として、その設定を終えた音源ソフトは、ドラム音源の「Addictive Drums 2」、ピアノ音源「GALAXY 2 GRAND PIANO」、ストリングス音源「Cinematic Studio Strings」、エレキギター音源「ELECTR6ITY」、アコースティックギター音源「AMPLE GUITER 5 IN ACOUSTIC BUNDLE」、オーケストラ音源「MIROSLAV PHILHARMONIC 2」。

 現在、再設定等に付いてサポートに問い合わせ中の音源ソフトは、ドラム音源「BFD 2」、ベース音源「Trilran」、パッド音源「Atmosphere」、ループ音源「Stylus RMX Xpanded」。

 まだ未確認の音源ソフトは、ドラム音源「EZ DRUMMER 2」、ブラス音源「CHRIS HEIN HORNS COMPACT」。

 以上になりますが、音源ソフトの再設定までには、もう少し掛かりそうですね!

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR