FC2ブログ

映画「アイアンマン2」

 今日観た映画は「アイアンマン2/Iron Man 2」(2010年アメリカ映画)と言う、アクション、サスペンス、SF、シリーズ物、そして漫画の映画化。ジョン・ファヴロー監督作品で、キャストは、ロバート・ダウニー・Jr(男優)アンソニー・"トニー"・スターク/アイアンマン、グウィネス・パルトロウ(女優) 、ミッキー・ローク(男優)アイヴァン・ヴァンコ/ウィップラッシュ、スカーレット・ヨハンソン(女優)ナタリー・ラッシュマン / ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ、ドン・チードル(男優)ジェームズ・"ローディ"・ローズ/ウォーマシーン、サミュエル・L・ジャクソン(男優)ニック・フューリー、サム・ロックウェル(男優)ジャスティン・ハマー、ジョン・スラッテリー(男優)トニーの父ハワード・スターク、ギャリー・シャンドリング(男優)スターン上院議員、その他の皆さん。
 
 内容は、“アイアンマン”であることを自ら公表し、世間を騒然とさせたロバート・ダウニー・Jr演じるトニー・スターク。彼の勝手なヒーロー行為は国家問題にまで発展し、パワード・スーツ没収を命じられるハメになるのですが、一方、そんなトニーの報道を憎悪の目で見つめる一人の男。彼はトニーに対しある恨みを募らせていました。そして、一撃で金属を真っ二つにできる武器を自在に操る“ウィップラッシュ”へと変身、積年の恨みを晴らすべく、ついにトニーの前へ姿を現わします。また、トニーの新しい秘書としてやって来た美女はレザースーツに身を包んだ“ブラック・ウィドー”という裏の顔を持ち、ライバルの武器商人ジャスティン・ハマーは謎の軍団を組織し暗躍し始めていました。更にパワード・スーツのエネルギー源となる胸に埋め込んだリアクターの悪影響を受け、自ずと身体を苦しめるトニー。それでも彼はパワード・スーツの進化に身を注ぎ、究極の戦いに挑むのですが・・・。

 典型的な娯楽作品ですが、第二弾も面白かったです!CGを含めて最初から最後まで見所は満載。それにしてもパワード・スーツを着ると超人的なスーパーマンになってしまう訳ですが、スーツを着ていないと結構人間的でそんなところもこの映画の魅力の一つかな?と・・・。ミーキ・ロークが悪役で出ています。映画の最後の方で、この先「アベンジャーズ」に移行して行く展開が感じられましたが・・・。音楽は、ジョン・デブニー、 デイヴ・ジョーダン(音楽監修)、編曲は、ブラッド・デクター。やはりオススメの映画!
スポンサーサイト

自宅録音の次曲は?

 直近で自宅録音をしていた「Blue In Green」のMIDI録音がほぼ終わったので、次の曲は何にしようか?等と思案中です!

CDの購入!

 今日も朝からCDを注文!内容は「ターン・アウト・ザ・スターズ~ファイナル・ヴィレッジ・ヴァンガードレコーディングス / ビル・エヴァンス・トリオ (6CD)」。このところは、朝な夕なにビル・エヴァンスを色々と聴きまくっていますが、彼が亡くなる少し前(1980年9月15日に51歳で逝去)のライブ録音として良く知られているBOXセットが3つあり、僕は既に2つは持っていて、1つは「CONSECRATION(8CD)」(Aug.31~Sep.7,1980)と言うアルバム、そしてもう一つは「The Last Waltz(8CD)」(Aug.31~Sep.8,1980)と言う同時期の録音ですが内容の異なるアルバムで、残りの1つは今日注文をした「Turn Out the Stars: The Final Village Vanguard Recordings june 1980」と言う、こちらは亡くなる3ヶ月前にヴィレッジ・バンガードで行われた4日間に渡るライブ録音。

 このアルバムが初回に発売されたのは1996年で、その後13年経った2009年にSHM-CDの高音質で復刻。僕はその当時、最晩年のビル・エヴァンスのBOXセットを2タイトル持っていたので触手が動きませんでしたが、最近になってビル・エヴァンスを聴き捲っていることで、昔から好きだった彼のピアノ演奏に更に引き込まれるようになり、彼の演奏をもっと深く聴き込んでみたいと思うようになり、既に廃盤になっているこのBOXセットを何とか入手出来ないものかと連日のようにネットでチェックをしていました。

 新品で入手するとなると、人気のアルバムだけにどうしても高価になってしまい、中古だと「良い」かそれ以下のコンディションものしか見当たらなかったところに、今日思わぬ発見があり(大袈裟ですが)、中古で「非常に良い」と言うコンディションのものを見つけ、価格も納得がいったので迷わず注文!SHM-CDだと理想的なんですが、これだとあまりにも高価なので、流石に諦めました。と言うことで、このアルバムもとっても楽しみです!

仕事「スタジオの録音」

 今日は、田中公平さんの書きで劇判の録音がありましたが、内容の詳細等に付いてはオフレコにさせて頂きます。録音は主に二つの編成に分けて行われ、最初は午前11時から午後1時の予定でバンド編成によるもの。こちらの方は、ドラムに川口千里さん、ベースに長岡道夫さん、ギターに今泉洋さん、そしてピアノに松田真人。僕は10曲でピアノを弾き、録音は順調に進み予定よりも30分程度早く終わったでしょうか?前半のバンド編成では「コミカルサスペンス」とタイトルが付いた、まるで冗談のような雰囲気の曲があって、例えば曲中でミッチさんこと長岡道夫さんが弾くベース等は、本当にふざけて弾いているような、でも決してふざけてなんかいないんですが、そんな感じの曲があって、個人的にはとっても楽しい曲でした。

 そして僕はこの後、午後3時半から5時半の予定で行われるオーケストラ編成の録音に向けてしばらく休憩です。この間を利用して外出をし少し遅めの昼食を食べます。そして声が掛かるまでスタジオのロビーで休憩。

 後半の録音で呼ばれたのは予定通りの午後3時半頃。田中公平さんの場合は、予定よりも順調に進み過ぎて早く始まる事が割りと多いのですが、今日ばかりは予定通りでした。(笑)

 後半の編成は、篠崎正嗣さんのストリングス・セクション(3人のコンドラバスあり)に木管がフルートの方がお二人、オーボエとクラリネットの方が一人ずつの合計4人の方、そしてピアノに松田真人。後半のオケ編成では、僕は11曲でピアノを弾きました。それから後半では、ピアノに1曲少し難しい書き譜があり、決して16分音符で真っ黒な早弾きのフレーズが色々とある譜面ではありませんでしたが、左手が終始8分音符の少し変則的なアルペジオで、右手が後半部分でそれに重なるように8分音符の3連があったりと初見が難しい譜面があり、それに付いては他のパートの皆さんの演奏が全て終わった後に僕だけ居残りをして、3か所程やり直しをさせて貰いました。終わってみると予定よりも約1時間押していて、他のパートも含めて今日の公平さんの書きは、少し難しかったからなのかも知れません。

 そして今日の田中公平さんの書きも、これまでのように相変わらずに素晴らしく、まるでクラシック音楽の後期ロマン派の管弦楽を演奏しているような曲があったり、豊潤で詩情豊かな音楽性を公平さんの音楽、書きから感じ取ることが出来ました。やはり素晴らしかったです!と言うことで、今日も無事に終了です!

2019年06月1日(土)小杉十郎太ライブ!

2019/04/01(月) 6/1開催!『Seaside Live in 江ノ島 2019』一般発売開始!
今年も「江ノ島・虎丸座」で、
ライブとJMMの2本立て企画『小杉十郎太 in 江ノ島』を開催します!
今回も1日に2度おいしい、ランチもおいしいこのチャンス、
どうぞお見逃しなく!!

-------------------------------------
『小杉十郎太 | Seaside Live in 江ノ島 2019』

虎丸座ならではのゆるい雰囲気の中で、
定番曲や久々に演奏する曲、くだけ気味なトーク、
もしかしたら新曲を、オーシャンビューをバックにお楽しみ下さい。

海の向こうの富士山、そしてゆっくり沈みゆく夕陽もお楽しみに!
今回も是非ご参加ください!!

チケットの一般発売を開始しました!!
・On the Field Web Shop(PC・ケータイとも)
・カンフェティ
*「注意事項」をよくお読みの上、ご注文下さい。

『小杉十郎太 | Seaside Live in 江ノ島 2019』
日程:2019年6月1日(土)
時間:16:30開場 17:00開演
料金:¥5,000(1ドリンク付)
   *全席指定

会場:江ノ島 虎丸座   
   藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー7F
   0466-22-5780
   小田急線「片瀬江ノ島」  徒歩2分
   江ノ電 「江ノ島」    徒歩5分

出演:小杉十郎太
   松田真人(Pf)
   粂絢哉(Gt)
-------------------------------------

お問い合せ:
オンザフィールド
050-5525-1493(平日11:00~18:00)

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR