FC2ブログ

「松田真人ピアノソロライブ2020」(大阪公演)

今日は、大阪市「江戸堀コダマビル1Fレッスンホール」で「松田真人ピアノソロライブ2020」(大阪公演)があり、無事に終了しました。内容の詳細に付いては、後日にさせて頂きますので、どうか宜しくお願い致します!

 いつものようにJR大阪駅中央改札口付近で尾崎さんと待ち合わせをして合流。その足で会場の「江戸堀コダマビル」に徒歩で向かいます。丁度2週間前に国分寺「GIVE HEARTS」でピアノソロライブが行われた際には、冷たい雨模様でしたが、今日の大阪でピアノソロライブは快晴の良いお天気。会場には午前11時半少し前には到着。会場に荷物を置かせて頂き早速昼食へ。今日出掛けたのは、会場から徒歩数分の「ラーメンモリゾー」。注文したのは「王道醤油」ラーメン。このラーメンは煮干し出汁の香りと味のしっかりとしたスープで、麺は沖縄のソーキそばのような感じがしました。スープは僕好みの味で美味しかったです!

 写真は、「ラーメンモリゾー」の「王道醤油」ラーメン。

2020年10月31日(1)

 そして会場に戻って早速リハーサルの開始。今年は新型コロナ禍でのソロライブになるので、先日の東京公演もそうでしたが、会場のオーナーさんとも相談をしながら会場の換気などに付いても色々とチェックをします。今年は、時間的にも余裕のある感じでリハーサルが出来、リハーサルを無事に終えた時点で、時間は午後2時位だったでしょうか。開場が午後2時45分、開演が午後3時の予定なので、お客様がいらっしゃるまでにはまだ十分に時間があります。必ずしも時間的な余裕があったからではありませんが「今日はお客様が揃った段階で開演する事にしましょう!」と尾崎さんとも相談をして、結局開演は予定よりも10分位早く午後2時50分位には始めたように思います。

 そして尾崎さんから「お客様が揃われました!」との連絡を受けて、予定よりも10分位早く楽屋からピアノのある部屋に移動します。今日のセットリストは先日の東京公演と全く同じ。ですが少しでも新鮮にやろうと思い、1曲目の「Feel So Good!」のカラオケをスタートする前に、アドリブでピアノを弾き始める事にしました。これはピアノの椅子に座ったと同時に思い浮かんだのですが、謂わば、その時の気分のような感じですね!ライブの最初の取っ掛かりに付いては、それで良かったのですが、実はこの事で、この日のライブをプライベートに録音する為の録音ONのスイッチを押すのを完全に忘れてしまいました。(笑)それで結局この日の録音は、前半と後半の間の休憩の時に思い出し、休憩に入ったところで録音スタート。僕の場合、何か突然思い出したようにして新しい事をやろうとすると、その事に集中をしてしまい、他の事を忘れてしまう癖があるようです。(笑)それから忘れた事がもう一つありました。それは、ライブでピアノを弾く際には、普段掛けているメガネからピアノを弾く時に掛ける専用のメガネに掛け替えるようにしているのですが、今回はステージに上がって、前述したように1曲目のカラオケを流す前に、アドリブでピアノを弾こうと思い、それを実行した事でメガネを掛け替える事を忘れてしまいました。ですがこれに関しては、普段用のメガネで実際に弾いてみて、特段譜面や鍵盤が見づらいと言う事は無かったので、特に問題はありませんでした。

 と言う事で、今日の大阪でのピアノソロライブは、お客様とそんな事に付いても色々と会話をしながら、ある種リラックスした雰囲気の中進んで行き、最後のアンコールは、東京公演よりも1曲多く演奏をしました。取り上げた曲目は、先日の東京公演の後、キース・ジャレットの驚愕のニュースが飛び込んで来た事もあって、是非キース・ジャレットへの思いを演奏に込めさせて頂きたいと思い、以前一度自分のソロライブで弾いた事のある「Shenandoah(trad.Folk Song)/シェナンドー」と言う曲をキース・ジャレットの演奏スタイルで弾きました。そして今年の大阪でのピアノソロライブも無事に終了。ライブの時間は、途中の約10分間の休憩を入れて2時間15分位だったでしょうか。

 今年は、思いもよらなかった新型コロナが世界中で蔓延する中でのソロライブと言う事で、一時は開催をどうしようか?等と考えたりもしましたが、この新型コロナを切っ掛けにして東京公演で有料配信ライブをやらせて頂くなどの初体験もあり、お陰様で来年に繋がるようなライブになったのではないかと、そう実感しています。今日の大阪のソロライブに足を運んで下さった皆さん、そしてライブのお手伝いをして下さった皆さん、本当にどうも有り難うございました!アンケートに付いても、宿泊先のホテルの部屋でしっかりと読ませて頂きました。こちらの方もどうも有り難うございました!これにて、今年の僕の「ピアノソロライブ2020」は、無事に完了しました!

 ライブの写真の掲載は、もうしばらくお待ち下さいね!沢山撮って貰った写真の中から、厳選したものをアップさせて貰いますので・・・。それでは、この日の演奏中の写真を2枚アップさせて頂きます。

2020年10月31日(2)

2020年10月31日(3)

この日のセットリストを記しておきます。

1st Stage
  
  MC 最初の挨拶 曲紹介

 1 「Feel So Good!」

   MC 曲紹介

 2 「Where Are You Now?(あなたは今、何処にいるの?)」
 3 「暴君と沈黙(Tyrant & Silence)」
 4 「I Wish(願い)」

   MC 曲紹介

 5 「レクイエム」
 6 「時を紡いで」
  
   休憩(約10分前後)BGM「Intermission(間奏曲)」

2nd Stage

 7 「Cry Me A River」(弾き語り/カヴァー曲)
 8 「この胸のときめきを(You Don’t Have To Say You Love Me)」(弾き語り/カヴァー曲)

   MC 曲紹介

 9  「ダニー・ボーイ(ロンドンデリーの歌)」(カヴァー曲)
10 「夢の回廊」

   MC 曲紹介

11 「眠れない夜(Sleepless Night)」
12 「月のしずく」
13 「心のままに」

  MC 最後の挨拶 曲紹介 

14 「愛の歌」

ENC 「あなたへの贈り物」
   「Shenandoah(trad.Folk Song)/シェナンドー」
スポンサーサイト



「松田真人ピアノソロライブ2020」

 今日は、東京の国分寺「GIVE HEARTS」で「松田真人ピアノソロライブ2020」(東京公演)があります。開場は午後6時、開演は午後6時半です。内容の詳細に付いては、後日にさせて頂きますので、どうか宜しくお願い致します。本日はあいにくの空模様で、気温も下がって寒くなると思われますので、会場に足を運ばれる皆様方に於かれましては、どうか暖かい格好でいらっしゃって下さい!

 そして都内のスタジオを後にしたのは、午後3時半過ぎ。これから僕のソロライブが行われる会場は、国分寺なので、時間的な事も含めて考えると、高速を使っても約1時間位は掛かると思われます。これまでにも都内のスタジオでの録音を終えて自分のソロライブに向かった事はありましたが、その時はまだ時間的な余裕もあり、今回は既に午後4時入りには間に合いません。カーナビに会場の電話番号を入れると、表示された場所が何となく違うような感じがしたのですが、兎に角カーナビの言うがままに合わせて、代々木辺りから首都高に乗り調布インターで下車。その後は甲州街道を下さって、途中から横道に入りカーナビに言われたように走って行くと「あれっ?何か変!」。つまり国分寺を通り過ぎて、西国分寺の方まで来てしまったようです。それで今度は、会場の住所を入力すると、見覚えのある場所を表示してくれたやっと安堵。会場の方にも、何度か電話で「後、もう少しで着きますので・・・」と連絡。結局会場の「GIVE HEARTS」に着いたのは、午後5時10分頃。予定よりも1時間以上遅れて会場入りをすると、直ぐにリハーサルに入れるように準備をしてくれていて、早速リハーサルの開始。

 今回は「有料配信」をやらせて頂く事になり、いつもなら約一ヶ月前から、選曲をしたり曲順を考えたりカラオケの準備をしたりするのですが、今回は約二ヶ月前から準備を始めました。毎朝のウォーキングでも、特に初めて御披露目をする新曲を含めてチェックを繰り返し、自宅でのリハーサルも念入りにしました。今日の本番日に合わせて調子を持って行くのも、曲によっては難しかったですし、本番日の一週間位前になって演奏に納得が行くようになった曲もあります。オケの各楽器の音量のバランスも、随分とチェックを入れました。

 そして午後4時15分頃から始まった会場でのサウンドチェックやリハーサルは、お客様の会場入りの午後6時位まで行い、一応の目処を付ける事が出来ました。正直もう少しやりたかったのはありますが、自分の練習に関しては、もうこれまでに十分やって来ましたし、会場のサウンドチェックは、思っていた以上にやりやすかったです。今回はカラオケを使ってやる曲がこれまでで一番多いので、その点が心配でしたが、想像していたよりもやりやすく、これは本番に向けての安心材料にはなりました。

 そして客入れ。そうそうそれから当初は、ステージと客席との間に、感染症対策と言うことで、ビニールシートを天井から吊る予定になっていましたが(実際僕が会場に到着した時点では、天井から吊ってありました)、会場のスタッフのチーフ谷口さんから「人数との兼ね合いで、ステージからお客様のお席をもう少し後ろに下げても宜しければ、ビニールシートを取り外す事も出来ますが・・・」と言って下さったので、これはもうビニールシートは無い方が見た目にも良いですし、是非それでお願いする事にしました。

 そして午後6時半開演。ここから後は、今日のライブを会場で御覧になって下さった皆さん、そして有料配信で御覧になって下さった皆さんそれぞれの見たまま、聴いたままの感想でお願い致します。個人的には、今回初御披露目をした新曲4曲で、大きなミスが無かったのは、何とか良かったかな?と言う印象です。この新曲のところで、大怪我をしていたら、その後の5曲目以降のメニューにどんな影響が出たか、想像するとちょっと怖いです!(笑)今日のMCでは詳細な曲紹介は省きましたが、終わってみると時間は午後8時45分頃。途中約10分間の休憩を入れているので、ライブ自体の時間は、約2時間5分。

 それから最後になりますが、今日のライブで、あいにくの雨模様の寒いお天気の中、会場に足を運んで下さった皆さん、そして有料配信を御覧になって下さった皆さん、本当にどうも有り難うございました!頂いたメールは、これからお返事をさせて頂きますので、もう暫くお待ち下さいね!そして今回初めてやらせて頂いた有料配信ですが、今後もやらせて頂けそうなので、来年も会場でのライブを御覧頂けるだけでなく、有料配信も御覧頂けると思いますので、何卒どうか宜しくお願い致します!

 この日のセットリストを記しておきます。

1st Stage
  
  MC 最初の挨拶 曲紹介

 1 「Feel So Good!」

   MC 曲紹介

 2 「Where Are You Now?(あなたは今、何処にいるの?)」
 3 「暴君と沈黙(Tyrant & Silence)」
 4 「I Wish(願い)」

   MC 曲紹介

 5 「レクイエム」
 6 「時を紡いで」
  
   休憩(約10分前後)BGM「Intermission(間奏曲)」

2nd Stage

 7 「Cry Me A River」(弾き語り/カヴァー曲)
 8 「この胸のときめきを(You Don’t Have To Say You Love Me)」(弾き語り/カヴァー曲)

   MC 曲紹介

 9  「ダニー・ボーイ(ロンドンデリーの歌)」(カヴァー曲)
10 「夢の回廊」

   MC 曲紹介

11 「眠れない夜(Sleepless Night)」
12 「月のしずく」
13 「心のままに」

  MC 最後の挨拶 曲紹介 

14 「愛の歌」

ENC 「あなたへの贈り物」

 写真は、ライブ本番中の写真をお店のスタッフの方に撮って頂いたものです。どうも有り難うございました!

2020年10月17日(1)

2020年10月17日(2)

「松田真人ピアノソロライブイン大阪2019」

 今日は、大阪の江戸堀コダマビル1Fレッスンホルで、ピアノソロライブがあり、お陰様で無事に終了致しました!内容の詳細に付いては、少しずつアップをさせて頂きます!

 大阪でのソロライブは、毎年お手伝いをして下さる尾崎さんと午前11時にJR大阪駅で待ち合わせをして会場の江戸堀コダマビルへ!荷物を置いてまずは腹ごしらえで今日は肥後橋ラーメン亭へ。シンプルな味でしたが、美味しかったです!

 そのラーメンの写真!

2019年12月07日(1)

 会場へ戻ると早速リハーサル。一番最初はカラオケを流しながら音の調整。小さなアンプで音を鳴らしているので、必要最小限ではありますが、音量や音質のバランスを調整した後、それに合わせながらピアノを弾き更に調整。それが終わると弾き語りのチェックをし、午後2時頃には終了。会場奥の控え室に行き着替えなどをして午後3時の開演を待ちます!

 そして開演。大阪でのソロライブは、先月開催した東京公演よりも、2曲、曲数を増やしました。それはジャズテイストの「My Foolish Heart」とオリジナルの「AI NO KAKERA(愛のかけら)」。それと「「Why Did I Choose You」をバート・バカラックの「Alfie」に変更。

 そして後半のオリジナル曲も、今日はこれまで以上に、その時の気分で弾きました。その理由としては、今日はジャズテイストの曲が多かったから?かも知れません。それと今日のライブは、今までで一番気持ち良く弾けたような感じがしたので、ライブを終えた後の充実感も一入でした。

 写真は、MC中の松田真人!

2019年12月07日(2)

 終演後は懇親会があり、参加をして下さった皆様方と限られた時間の中で色々とお話しをさせて頂き、楽しい時間を過ごす事が出来ました!今日もどうも有り難うございました!(この日のライブの写真は、Macが復旧したら掲載をさせて頂きます!)

 懇親会は、お肉料理がメインのお店「スペアリブとワインのお店 Ribing」に行き、写真のようなお肉料理が出て来ました。御馳走様でした!

2019年12月07日(3)

 この日のセットリストは・・・

 1 「Speak Low」(作曲/クルト・ヴァイル)
     MC 曲紹介 最初の挨拶
 2 「ダニー・ボーイ/ロンドンデリーの歌」(アイルランド民謡)
 3 「ひまわり」(作曲/ヘンリー・マンシーニ)
 4 「Fly Me To The Moon」(作曲/バート・ハワード)
 5 「Stella By Starlight」(作曲/ビクター・ヤング)
 6 「Goodnight Sweetheart」(オリジナル)
     MC 曲紹介
 7 「I Love You Porgy」(作曲/ジョージ・ガーシュイン)
 8 「Your Story」(作曲/ビル・エヴァンス)
 9 「Beautiful Love」(作曲/ビクター・ヤング)
10 「My Foolish Heart」(作曲/ビクター・ヤング)
11 「Alfie」(作曲/バート・バカラック)
     MC 弾き語りの曲紹介
12 「いつのまにか少女は」(作詞・作曲/井上陽水)
13 「None So Beautiful」(作詞・作曲/Gino Vannelli)
     MC 曲紹介 
14 「Destiny~言葉にならない」(オリジナル)
15 「レクエイム」(オリジナル)
16 「月のしずく」(オリジナル)
     MC 曲紹介 最後の挨拶
17 「AI NO KAKERA」(オリジナル)

ENC 「あなたへの贈り物」(オリジナル)

「松田真人ピアノソロライブイン東京2019」

 今日は、東京は国分寺の「GIVE HEARTS」で「松田真人ピアノソロライブイン東京2019」が開催されます。内容の詳細に付いては、後日更新をさせて頂きますので、どうか宜しくお願い致します。

 今の時間は午後5時半位。少し前に、国分寺「GIVE HEARTS」でのリハーサルを無事に終えたところです!予定通り午後4時頃には会場入りをして、セッティング、サウンドチェック、そしてリハーサルと順にやって、今は楽屋でこのブログを更新しています。スマホがあると、すぐに更新が出来るので良いですね!さぁ後は本番を待つばかり!
 
 と言うことで、ここから先の更新は後日にさせて下さい!明日(10日)は、小坂明子さんの45周年ライブが原宿クエストホールであり、二回公演で入り時間が早いので、今日はこれで休むことにします!お休みなさい!!!

 (ここから先は、翌日に更新!)
 
この日のセットリストは・・・

 1 「Speak Low」(作曲/クルト・ヴァイル)
     MC 曲紹介 最初の挨拶
 2 「ダニー・ボーイ/ロンドンデリーの歌」(アイルランド民謡)
 3 「ひまわり」(作曲/ヘンリー・マンシーニ)
 4 「Fly Me To The Moon」(作曲/バート・ハワード)
 5 「Stella By Starlight」(作曲/ビクター・ヤング)
 6 「Goodnight Sweetheart」(オリジナル)
     MC 曲紹介
 7 「I Love You Porgy」(作曲/ジョージ・ガーシュイン)
 8 「Your Story」(作曲/ビル・エヴァンス)
 9 「Beautiful Love」(作曲/ビクター・ヤング)
10 「Why Did I Choose You」(作曲/レオナルド・マイケル)
     MC 曲紹介
11 「いつのまにか少女は」(作詞・作曲/井上陽水)
12 「None So Beautiful」(作詞・作曲/Gino Vannelli)
     MC 曲紹介 最後の挨拶
13 「Destiny~言葉にならない」(オリジナル)
14 「レクエイム」(オリジナル)
15 「月のしずく」(オリジナル)

ENC 「あなたへの贈り物」(オリジナル)

 10曲目までは、昨年そして今年に発表した「眠りのジャズ」「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」からの選曲で、ジャズ・テイストの選曲。中盤に弾き語りを2曲。後半はオリジナルCD「レクイエム」と「あたたかな時間」からの選曲で、アンコールは「眠りのジャズ」から「あなたへの贈り物」を弾きました。この日のライブでは、昨年そして今年とジャズ・テイストのアルバムを発表したこともあって、ジャズ・テイストの曲を多く演奏しました。弾き語りではジノ・ヴァネリの曲を1曲歌ってみることにトライをして、後半では、代表的なオリジナル曲を演奏するなどしました。来月の7日(土)に大阪で同様のソロライブがありますが、約一ヶ月程度間が空きますので、この日のセットリスとをアップすることにしました。この日のライブは、トーク、そしてアンコールを含めて約2時間弱のライブになりました。来月の12月7日(土)には、大阪の江戸堀コダマビル1Fレッスンホールでソロライブ(大阪公演)を行いますが、この日の東京公演をイメージしながら、またライブに臨もうと思います。

 写真は、公演中の松田真人!

2019年11月09日

 そして今年は、僕がプロミュージシャンになって40年の節目の年になります。気が付いたらもう40年が経っていたと言う感じですが、音楽はどこまで行ってもキリが無い感じもしています。この先僕が、音楽をどのように感じ、受け止め、そしてピアノを弾いて行くか、音楽をやっていくか、それはその時になってみないと分かりません。好きな感じの音楽も色々とあるので、それらを少しでも極めて行ければと思います。そして最近は、健康の大切さを感じずにはいられない年齢になって来ました。日々、その日その日を大切に、精進していければと思います。本日も、どうも有り難うございました!!!

「松田真人 Piano Solo Live In Osaka 2018 Autumn」

 今日は、大阪の江戸堀コダマビル1Fレッスンホールで「松田真人 Piano Solo Live In Osaka 2018 Autumn」が行われ、無事に終了しました!

 いつものように大阪ライブのお手伝いをして下さる尾崎さんと、JR大阪駅改札口で待ち合わせをしたのですが、今回はいつもよりも30分早い午前11時に待ち合わせ!その理由は、昨年もお昼ご飯を食べに出掛けた会場近くの美味しいラーメン屋さんが、 連休中と言う事で混んでいるのではないか?と言うことでした!会場に到着後、荷物を置いて早速出掛けると、成る程確かに既に10名位並んでいたでしょうか。並ぶこと20分程度で入場。お店の名前は「鶏Soba 座銀(ざぎん)」。2人が注文したのは「鶏そば」!後で写真も掲載しますが、何とスープが白いんです!味と言うか食感はクリーミーな感じ。そしてまるでカンナで削ったような長細い感じの牛蒡が入っていて、これはもしかしたら油で揚げているのかな?これがまた結構アクセントになっていて美味しいのです!昨年から丁度1年振りになりますが、やはり美味しかったです!

 その「鶏そば」の写真がこれ!どうですか?見た目が結構凄いでしょう!スープが真っ白で少し泡立っています。カンナの削りカスのように見えるのが、牛蒡です!見た目のインパクトも凄いんですが、これが美味しいんです!そしてこの写真だと、麺は白いスープの中に隠れていて見えませんね。

2018年11月24日(1)

 そして会場に戻りリハーサルの開始。今日の大阪ライブは、基本的なセットリストは東京と同じ。まずはカラオケを使ってやる曲のリハーサル。東京の会場のようにPAが無いので、尾崎さんの方でアンプを用意して貰い、僕の方で事前にiPodに流し込んだ音源を鳴らしてやるやり方をやっています。

 カラオケのリハーサルを終えると今度は弾き語りのリハーサル。今回はビリ-・プレストンの「You Are So Beutiful」を取り上げました。アル・パチーノ主演の映画「カリートの道」の最後で、この歌が流れて来た時の印象があまりにも良かったからです!

 そしてリハーサルの最後には、それ以外の曲を少しやって後は本番の開演を待ちます!リハーサルは午後2時半前には終わっていたと思います。

 開演は午後3時丁度!まず最初の曲は今年発表をしたアルバム「眠りのジャズ」から「Moon River」。今回のソロライブ1曲目は、この曲だな!と、そんなに迷うことなく決まり、2曲目はやはり「眠りのジャズ」から「あなたへの贈り物」、3曲目はゴードン・ジェンキンスの「Good-bye」。この曲は少し渋目かな?とも思いましたが、僕自身としてはやりたかった曲の一つ。

 4曲目以降は、自主制作で発表した1stアルバムの「心ときめいて」から2曲、3rdアルバムの「レクイエム」から3曲をやり、この後、前述した弾き語りを1曲やり、次の曲だけ、唯一東京公演とは違う曲をやりました。取り上げたのは、チック・コリアの「Clistal Silence」。チック・コリアは、僕にプロ・ミュージシャンになりたい!と思わせてくれた、そんな切っ掛けを作ってくれた、僕にはとても大切な音楽家の1人です。

 そして再びオリジナル曲を演奏。4thアルバムの「あたたかな時間」から3曲、そしてまだアルバムとしては発表していない「心のままに」と、声優の小杉十郎太さんに書かせて頂いた「AI NO KAKERA」をやり、最後はアンコールは「愛の歌」。これが今年の大阪公演のセットリストでした。

 終演後は、東京公演と同じように、聴きに来て下さった皆様方のお見送りをさせて頂いて、無事終了です!

 そして後片付けの後は、これも楽しみな懇親会。今日の懇親会も、参加をして下さった方やスタッフの皆さんと、美味しいお料理やお酒を堪能しながら、色々な話題で盛り上がりました。お店の取り計らいもあってか、時間も少し長目にいられたように思いました。

 と言うことで、今年のピアノソロライブ大阪公演も、無事終了です!聴きに来て下さった皆様方、本当に有り難うございました!また来年も、どうか宜しくお願いします!

 写真とセットリストは、帰宅後にアップします!まずこの日のセットリストです。

1 「Moon River」(ヘンリー・マンシーニ/カラオケあり)   
    MC 曲紹介
2 「あなたへの贈り物」(オリジナル曲)
3 「Good-Bye」(ゴードン・ジェンキンス/カラオケあり)
    MC 曲紹介
4 「夕映え」(オリジナル曲)
5 「哀愁のメロディ」(オリジナル曲)
    MC 曲紹介
6 「レクイエム」(オリジナル曲) 
7 「渚にて」(オリジナル曲)
8 「銀河鉄道トリップ」(オリジナル曲/カラオケあり) 
    MC 曲紹介
9 「You Are So Beautiful」(ビリー・プレストン/弾き語り)
10 「Crystal Silence」(チック・コリア)
    MC 曲紹介 
11 「月の雫」(オリジナル曲)
12 「時を紡いで」(オリジナル曲)
13 「君の笑顔が見たいから」(オリジナル曲)
    MC 曲紹介 本編最後の挨拶
14 「心のままに」(オリジナル曲/カラオケあり)
15 「AI NO KAKERA」(オリジナル曲/カラオケあり)

アンコール:16 「愛の歌」(オリジナル曲/カラオケあり)

 ライブの写真は、尾崎さんに沢山撮って頂いたので、これからチェックをして、厳選をしたものをアップしますので、しばらくお待ち下さい!

2018年11月24日(2)

2018年11月24日(3)

2018年11月24日(4)

2018年11月24日(5)

2018年11月24日(6)

2018年11月24日(7)

2018年11月24日(8)

2018年11月24日(9)

2018年11月24日(10)

2018年11月24日(11)

追記:それから大変有り難いことで、この日持参をしたCD「眠りのジャズ」5枚が、ライブ会場で完売をしてしまいました。と言うことで、在庫が完売をしてしまったので、帰宅後、発売元のデラの担当の池田さんにメールで再注文をしました。CDが届き次第、このブログからも注文が出来るように告知をしますので、宜しくお願いします。

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

 2018年6月よりシンガー・ソング・ライター小田純平のサポートに参加。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR