FC2ブログ

「セルジオ・メンデス/So Many Stars」

 今日のブログは「今日のこの一曲!」と「自宅録音の近況」の両方を兼ねての告知です。先日も触れたように、このところ取り掛かっていた最新のオリジナル曲の目処が経ったのと、少し前にボサ・ノヴァの曲を自宅録音で!と告知をさせて頂いたこともあり、最新の自宅録音では、セルジオ・メンデスの作曲で、名曲でもある「So Many Stars / 星屑のボサノヴァ」を取り上げてみようと思います。

 セルジオ・メンデスと言うと「Mas Que Nada/マシュ・ケ・ナーダ」(ジョルジ・ベン作曲)や「Fool On The Hill」(ポール・マッカートニー作曲)、そして「Day Tripper/デイ・トリッパー」(レノン=マッカートニー作品)のカヴァー曲が有名なんですが、今日は「So Many Stars」の御紹介です!

 個人的にも好きなこの曲をYou Tubeで検索をすると、沢山の動画がアップされていることが分かり、改めてこの曲の人気が伺われました。歌詞がまた素敵なので、訳詞も掲載しておきますのでどうぞ!

「SO MANY STARS(星屑のボサノヴァ)」
作詞、作曲:Sergio Mendes、Alan Bergman、Marilyn Bergman

夜明けは幾つもの夢で満たされている
沢山ある夢の中で
いったいどれが私のための夢なんだろう
きっと私にぴったりの夢があるはず
空に輝く一つ一つの星が夢を持ったら
その時 空には幾千もの星が光り輝くんだろう

風には沢山の歌が宿っている
沢山ある歌の中で
いったいどれが私のための歌なんだろう
きっと私にぴったりの歌があるはず
空に輝く一つ一つの星が歌を歌ったら
その時 空には幾千もの星が光り輝くんだろう

幾つもの昼
終わりのない夜 
1人で過ごして来た
いくつもの瞳
いくつもの心
いくつもの微笑み
ずっと探し求めていた

どれを選べばいいのだろう
どの道を歩めばいいのだろう
どうやってそれを伝えたらいいのだろう
いったいどうやって知ることが出来ると言うのだろう
こんなにも沢山ある星の中から・・・

(1)So Many Stars(セルジオ・メンデス & ブラジル66)
https://www.youtube.com/watch?v=AKQGiaS_3qQ


(2)Jane Monheit & Sergio Mendes - So Many Stars(ジェーン・モンハイト)
https://www.youtube.com/watch?v=fgp3TkxHv8M


(3)So Many Stars(トリッシュ・ハットレイ)
https://www.youtube.com/watch?v=DmqSHz8NN-E


(4)So Many Stars(ジョージ・デューク)
https://www.youtube.com/watch?v=keaPrF11RT0


(5)SO MANY STARS in Portuguese by Maria Mendes (Live at Casa da Música, Portugal)(マリア・メンデス)
https://www.youtube.com/watch?v=sQTAx8LGvm0


(6)Tony Bennett - So Many Stars(トニー・ベネット)
https://www.youtube.com/watch?v=dDB7c8BD-B0


(7)So Many Stars(サミラ・ボガード )
https://www.youtube.com/watch?v=gSA0ynucq-E


(8)NEW! "So Many Stars" - Barbra Streisand (LilyRoseSage Video Tribute)(バーバラ・ストライザンド)
https://www.youtube.com/watch?v=Kab3DCFqavU


(9)Natalie Cole - So Many Stars (Ask a woman who knows Live)(ナタリー・コール)
https://www.youtube.com/watch?v=b_anpKesgZE


(10)So Many Stars(ステイシー・ケント)
https://www.youtube.com/watch?v=2iFA9o-pVjk


(11)So many stars(B.J トーマス)
https://www.youtube.com/watch?v=i4cAPDUG9Jw


(12)Diana Panton- So Many Stars(ダイアナ・パントン)
https://www.youtube.com/watch?v=vzBSXUjjxHM


(13)セルジオ・メンデスの情報(ウィキペディア):
https://ja.wikipedia.org/wiki/セルジオ・メンデス


スポンサーサイト



「ブラッド・メルドー/Blad Mehldau」

 「今日のこの一曲!」は、ジャズ・ピアニストの「ブラッド・メルドー/Blad Mehldau」です。僕にとって長い間ジャズ・ピアニストとして君臨して来たミュージシャンは、ハービー・ハンコック、チック・コリア、そしてキース・ジャレットの3人でありましたが、いつの頃からかこのブラッド・メルドーは、僕の中では彼らに負けじ劣らじの外せない存在になっていました。

 初めて彼の名前を耳にしたのは、もう15年以上前になりますが、当時何度かライブでセッションをしたミュージシャンの口から出た「ブラッド・メルドー」と言う名前。僕には聞き覚えの無い名前で、帰宅後にチェックをしたような記憶があります。

 一聴してすぐに分かる程の豊かなオリジナリティ。左手の動きもそれまでのジャズ・ピアニストにはあまり無いような使い方。そしてハーモニーにも既に充分な個性が感じられ、特に「Largo(ラーゴ)」(2002年発表)と言うタイトルのアルバムは、新たなジャズの可能性を感じさせるような、音楽的にも素晴らしい内容でした。それからブラッド・メルドーは、クラシック音楽の影響もかなりあるように感じます。と言う訳で、今日も色々と沢山ありますので、ゆっくりと聴いて頂けると良いかと思います。

(1)Brad Mehldau Trio Jazzwoche Burghausen 2008
https://www.youtube.com/watch?v=hcc9zepkIPM


(2)Brad Mehldau - Solo Session
https://www.youtube.com/watch?v=IytAftpt6zw
(この動画はYou Tubeでご覧になれますので、更にアクセスをしてご覧になって下さい)


(3)Samba E Amor (Brad Mehldau Trio)
https://www.youtube.com/watch?v=ED49zwHH6f8


(4)Brad Mehldau - After Bach (Live at Philharmonie de Paris), Part 1
https://www.youtube.com/watch?v=9MZw6XI-b6Q


(5)Brad Mehldau - 'And I Love Her' 2016
https://www.youtube.com/watch?v=jpF0qKQ4WeE


(6)Misty - Brad Mehldau
https://www.youtube.com/watch?v=8vsIQ48ZKXY


(7)Mehliana (Brad Mehldau & Mark Guiliana) - Centinela (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=Zi0rN7Iipuk


(8)Mehliana (Brad Mehldau & Mark Guiliana) - Hungry Ghost (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=tn6gjoMUEY4


(9)Joshua Redman, Brad Mehldau - Jazz in Marciac 2011
https://www.youtube.com/watch?v=wZSdbUsH_7w


(10)Brad Mehldau Trio All The Things You Are part 1
https://www.youtube.com/watch?v=Y9w4B4rI33I


(11)ブラッド・メルドーの情報(ウィキペディア):
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラッド・メルドー

「マルタ・アルゲリッチ」

 「今日のこの一曲!」は、「マルタ・アルゲリッチ/Maria Martha Argerich」です!アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の女性ピアニストで、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けている超一流のピアニスト!1970年の初来日以降度々来日をしていて、1998年以降は大分県の別府アルゲリッチ音楽祭(同音楽祭の主催団体の財団方法人アルゲリッチ芸術振興財団の総裁)の為に欠かさず来日をしている日本人にも大変馴染みの深い素晴らしいピアニストです。

 1980年の第10回ショパン国際コンクールの審査員だったアルゲリッチは、ユーゴスラビアからの参加者のイーヴォ・ポゴレリチが本選に選ばれなかったことに猛烈に抗議をして、審査員を辞退したことは、有名なエピソードとして今でも語り継がれています。

 ところでこれはネットの情報ですが、アルゲリッチは絶対音感の持ち主では無いとのことで、僕はこれはとても興味深いことです。(「本当なんだろうか?」と耳を疑うような情報)

 動画は色々と長時間に渡りますので、どうかゆっくりと御覧になって頂ければと思います。

(1)Martha Argerich Scherzo 3 cis-moll op.39 II Etap Chopin Competition 1965
https://www.youtube.com/watch?v=_0RpoflsaUM


(2)Martha Argerich play Chopin "Polonaise N°6 l'heroique"
https://www.youtube.com/watch?v=KCSEwfqs-VM


(3)Martha Argerich - Rachmaninov Piano Concerto No. 3
https://www.youtube.com/watch?v=f6vARZLkaSY


(4)Martha Argerich - Chopin: Piano Concerto No. 1 in E minor, Op. 11 (2010)
https://www.youtube.com/watch?v=qMshMBywXzc


(5)マルタ・アルゲリッチ BWV.826 Capriccio
https://www.youtube.com/watch?v=JXH-sj9miO8


(6)Argerich plays Schumann/Liszt: Widmung (2019)
https://www.youtube.com/watch?v=rCP27rIVJBw


(7)アルゲリッチ 私こそ、音楽!(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=lQHE7l0A57w


(8)マルタ・アルゲリッチの情報(ウィキペディア):
https://ja.wikipedia.org/wiki/マルタ・アルゲリッチ

「ライル・メイズの演奏と音楽」

 「今日のこの一曲!」は、先日2月12日に逝去されたライル・メイズの演奏と音楽です!これまでの長きに渡って、パット・メセニー・グループや自己のグループ、そしてソロ活動等、創造的で感性豊かな素晴らしい演奏と音楽をどうも有り難うございました!あなたの演奏と音楽に、もうアルバムや映像でしか触れることが出来ないと思うと、とても寂しいです。どうか安らかにお休み下さい。

(1)TEDxCaltech - Lyle Mays and Friends
https://www.youtube.com/watch?v=x8UoV0xBsVI


(2)Lyle Mays - Behind the Scenes
https://www.youtube.com/watch?v=Ozjl2pE0sL0


(3)Close to Home-Lyle Mays
https://www.youtube.com/watch?v=4aCYocbCtr8


(4)Lyle Mays - Close to Home (live)
https://www.youtube.com/watch?v=KcR6WXufxNY


(5)Lyle Mays - 05 - Stella By Starlight
https://www.youtube.com/watch?v=iPHXXKgGX8c


(6)Lyle Mays & Bonnie Herman - Moses The Lawgiver
https://www.youtube.com/watch?v=E2DxK6uSw68


(7)Pat Metheny & Lyle Mays - September Fifteenth (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=QxK1Mf6_yBw


(8)Lyle Mays - "Long Life" (Warner Bros./2000)
https://www.youtube.com/watch?v=Z1CqRcCpXOw


(9)ライル・メイズの情報(ウィキペディア):
https://ja.wikipedia.org/wiki/ライル・メイズ

「ジェイコブ・コリアー(Jacob Coller )」の第二弾!

 「今日のこの一曲!」は、つい先日御紹介をしたばかりのジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)の第二弾!彼は、本当に素晴らしい!溢れんばかりの才能とは、正に彼のことを指すのだと思います!

(1)Bathtub - Jacob Collier & Becca Stevens
https://www.youtube.com/watch?v=Lv5u0MfoCkE


(2)Jacob Collier - Danny Boy (Transcription)
https://www.youtube.com/watch?v=ZsulxVjkQZQ


(3)À Noite (interlude) / Lua (feat. MARO) - Jacob Collier [OFFICIAL AUDIO]
https://www.youtube.com/watch?v=Cp_-1fnWjzE


(4)Jacob Collier - Lua (feat. MARO) [live]
https://www.youtube.com/watch?v=4PIMR_oGRcU


(5)Jacob Collier - With The Love In My Heart
https://www.youtube.com/watch?v=IlFD298wTOM


(6)Have Yourself A Merry Little Christmas (ft. Tori Kelly) - Jacob Collier
https://www.youtube.com/watch?v=XsVy4ImgM0o


(7)Feel (feat. Lianne La Havas) - Jacob Collier [OFFICIAL AUDIO]
https://www.youtube.com/watch?v=VMzIBNC_ojI

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR