FC2ブログ

仕事「濱田金吾さんのリハーサル」

 今日は、今週19日(土)に東京都の「BACK IN TOWN」で行われる濱田金吾さんのライブに向けて、リハーサルがありました。濱田金吾さんのライブは、今年は「BACK IN TOWN」で2月と5月に予定されていたものが新型コロナにより中止になり、昨年の12月から丁度一年振りのライブとなります。今回のサポートメンバーは、富倉安生さん(bass) 、竹上良成君(Sax)、そして僕は今回が初めてのとなる佐藤唯史さん(Dr)。

 リハーサルは午後1時半頃から始まり、1部の1曲目から曲順に進められて行き、途中休憩を入れてアンコールの最後の曲まで一通り通して、午後6時頃には無事に終了。それから今回のライブではアンコールに、公式に告知されていないシンガーの方の参加があり、今日のリハーサルでもその方が最後の方で実際にリハーサルにも参加をしました。そして19日のライブは、会場キャパの50パーセントを上限にして、感染症対策を施した上でのライブになります。足を運んで下さる皆様方に於かれましては、どうか楽しんで頂けますように!それでは宜しくお願い致します!
スポンサーサイト



仕事「小杉十郎太さんのリハーサル」

 今日は、今週18日(金)に南青山の曼荼羅で行われる声優の小杉十郎太さんのバースデイ・ライブに向けて、リハーサルがありました。リハーサルの開始は午後2時。丁度一週間前に最初のリハーサルを終え、今日が最終リハーサルでしたが、最初に変更箇所やチェックをしたい曲のリハーサルをやり、その後1曲目から曲順で通しリハーサルです。曲順も前回のリハーサルを終えた段階でほぼ決まっていて、その後も大きな変更は無く、今日のリハーサルは順調に進み、午後5時過ぎには無事に終了です!

 今年の小杉さんのライブは、毎年春に行われていた恒例の江ノ島でのライブは、新型コロナの影響で残念ながら中止。12月のバースデイ・ライブは何とか開催に漕ぎ着けましたが、それでも客席は会場キャパの50%を上限にしています。その他にも感染症の対策を色々と施した上での開催。当日足を運んで下さる皆様方に於かれましては、今年最後の小杉十郎太さんのライブになりますので、どうか楽しんで下さいね!そして宜しくお願い致します!

 写真は、リハーサルを終えた後に撮って貰った3人の集合写真。左側から、ギターの粂絢哉君、ボーカルの小杉十郎太さん、そしてピアノの松田真人です!

2020年12月15日

仕事「小杉十郎太さんのリハーサル」

 今日は、今月の18日(金)に南青山の「曼荼羅」で行われる声優の小杉十郎太さんのライブに向けてリハーサルが行われました。午後2時頃から始まったリハーサルは、サイズの変更やチェックをしたい楽曲から始め、最終的にはセットリストの候補に挙がっている全ての楽曲のリハーサルを一通り終え、午後5時過ぎには無事に終了です。リハーサルは来週にもう一度行われます。

 それからリハーサルを終えてから3人の集合写真を撮って貰ったので、その写真を掲載します!左側から、ピアノの松田真人、真ん中にボーカルの小杉十郎太さん、そして右側にギターの粂絢哉君です。そして今日のリハーサルは、コロナ感染症対策をしっかりと施した上で行われましたが、小杉さんが我々二人の後ろにある透明のビニールシートの更に後ろに写っているのがお分かりになりますか?上の方に黒色のパイプが見えますよね?そのパイプからビニールシートを挟んで吊ってあるんですよ。その他にも、時々換気をする等して今日のリハーサルを終えました。

2020年12月08日

我孫子市に前乗り!

そして今日は、明日我孫子市で行われる小田純平さんのライブのサポートで、我孫子市に前乗りをします!今晩、会場で前日のリハーサルとサウンドチェックがあるからです。その為、今無事にスタジオの録音の仕事を終えた所なんですが、これから車で我孫子市に向かいます!こちらの方も、向こうに着いてから、内容の更新をさせて頂きますので、宜しくお願い致します!

そして都心のスタジオから約2時間掛けて、集合場所の我孫子市のホテルに到着。ロビーでチェックインしようとすると、後ろから声が掛かったので振り向くと、プロデューサーの勇さんでした。この後、車を地下の駐車場に入れ、チェックインをして、今は部屋で休憩をしています。リハーサルの為にホテルを出発する午後7時まで、暫くのんびりします!

そして午後7時にホテルを出発して会場に向かい、到着後、暫くしてリハーサルの開始。午後8時半頃に終了して、その後は小田純平さんの支援者の皆様方による食事会がありました。お店は中華料理のチャイニーズダイニング「えん」。これがまた凄く美味しくて、出て来るお料理(プリプリの「エビのチリソース」「餃子」山椒がきいた「四川風麻婆豆腐」「牛肉とカラフルピーマンの細切り炒め」「チャーハン」お酒は「紹興酒」等々)その全てが美味しかったです!オススメのお店です!どうも有り難うございました!御馳走様です!

仕事「小田純平さんのリハーサル」

 今日は、正午から午後5時頃まで、都内某所で小田純平さんのリハーサルがありました。小田さんを初め、ギターの笛吹さん、そしてプロデューサーの勇さんにお会いするのは、どれ位振りになるでしょうか?兎に角、今年になって初めて一堂に会しました。

 今月の6日(日)と15日(火)の、それぞれ新潟と宇都宮で行われる(新型コロナ対策で)1日2回公演に向けてのリハーサルでしたが、途中に休憩を挟んでたっぷりとそしてしっかりとやりました。メニューの方もある程度の候補曲等、曲順で出ていましたが、最終的には今日のリハーサルで決定を見た感じです。写真は、無事にリハーサルを終えた後、勇さんに撮って貰った写真です!

2020年09月03日

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

 2018年6月よりシンガー・ソング・ライター小田純平のサポートに参加。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR