FC2ブログ

仕事「濱田金吾さんのリハーサル」

 今日は、明日新宿の曙橋の「BACK IN TOWN」で行われる濱田金吾さんのライブに向けてリハーサルがありました。編成は、濱田さんとParadigm Shiftの4人!リハーサルは午後1時頃から始まり、途中2度の休憩を挟んで午後5時過ぎまで行われて、すこぶる順調に進んだせいもあってか、いつもよりも早めに終了!

 今回のセットリストには、これまでのリハーサルなら、イントロ部分のその行き方等で「なんやかんや」と、そして「擦った揉んだ」とあって、随分と時間の掛かる「とある曲」があるのですが「念の為にイントロの確認を!」と言うことでイントロを通してみると、何の問題も無くすんなりと演奏が出来たのには、一同妙に納得の空気!その他の曲でも、特に大きな問題も無く、これまでに無い位順調なリハーサルになりました。明日聴きに来て下さる皆様方に於かれましては、どうか楽しみにしていて下さいね!
スポンサーサイト



仕事「小杉十郎太さんのリハーサル」

 今日は、今週の19日(水)に南青山の曼荼羅で行われる小杉十郎太さんのライブに向けての最終リハーサル!実は昨日、プロデューサーの北原葉子さんからも連絡があったのですが、とある曲の歌詞が間に合わないので、済みませんがその曲の変更をさせて下さい!との連絡があり、一番最初は、その変更に付いての打ち合わせがありました。そして通しリハーサルをやる前に一度確認をしておきたい曲を一通り通して、ここで一度休憩。そして本番さながらの通しリハーサルの開始。一通り通しリハーサルをやった後は、曲間のMCはMCの場所に付いての確認等、本番に向けて幾つか意見も出て、午後5時半頃には無事に終了。さあ、本番が楽しみです!

 写真は、もしかしたら、この先いつかデビューするかも?・・・いえ、それは無いと思います!バンド名は「トリオ・ザ・パンチョ」の御三人・・・です!!!

2019年12月16日


仕事「小杉十郎太さんのリハーサル」 

 今日は、午後2時から、小杉十郎太さんのリハーサルがありました。サポートメンバーはいつものように、ギターの粂絢也君と僕の二人によるサポート。まず最初は、僕の作曲したメロディーに小杉さんが歌詞を付けて下さる、今回初お披露目になるであろう新曲に付いて、小杉さんから現在出来つつある雰囲気の連絡がありました。小杉さん曰く、シャンソン風な感じ、とのこと。この曲に付いては、歌詞がまだ完成されていないようで、リハーサルで取り上げるのは、次回のリハーサルになりました。

 そして次からいよいよリハーサルの開始。セットリストは、ある程度決まっているのですが、そこから暫定的におおよその曲順を決め、最初は、これまでにあまりやってない曲からリハーサルが始まりました。それら数曲が終わると、今度はある程度慣れている曲に移り、最後には、絢也君が、小杉さんが最初に説明をされた、歌詞がまだ完成していないので、今日はやらずに終わりそうだった新曲を、雰囲気だけでも知っておきたいので、やって貰えますか?とのことで、その新曲を、小杉さんには「ららら」で歌って頂きながらのリハーサルになりました。2,3度通してみましたが、次回のリハーサルが楽しみです!そして最後には、小杉さんを二人で囲んで記念写真!そして午後6時前には、無事に終了です!(Windowsノートパソコンからの更新!)

 リハーサル終了後、小杉さんを囲んで集合写真です!

2019年12月09日

仕事「小田純平さんのリハーサル」

 今日は、明日、渋谷のさくらホールで行われる小田純平さんのカラオケ・グランプリの決勝戦に向けて、リハーサルがありました。リハーサルは午後12時半頃から楽器のセッティング等を行い、予定よりも1時間程早く午後3時半頃には無事に終了。特に明日お披露目される小田さんの2曲の新曲を、笛吹さんのギターと僕のピアノによる、この生演奏によるお披露目は本邦初公開になると思いますが、念入りに煮詰めて明日に備えました。その他には、今年のこれまでのカラオケ・グランプリでの小田さんのプレミアム・ライブとは少しメニューを変えて、久し振りにやる曲の音合わせをやり、約2時間で無事に終了です!明日、聴きに来て下さる皆様方に於かれましては、どうかお楽しみに!!!それから、カラオケ・グランプリの優勝者がどなたになるのかも、とても興味深いと思います!

仕事「小坂明子さんのリハーサル(三日目/ゲネプロ)」

 今日は、小坂明子さんの「小坂明子45周年記念 美少女戦士セーラームーン Music History Supported by Pretty Guardians」の三日目のリハーサルがあります。内容の詳細に付いては、帰宅後にさせて頂きます!

 さあ、夕食休憩ももうすぐ終わり、午後8時から本番さながらのゲネプロが始まります!

 前半が終わり、後半の通しは午後8時50分から!

 そして無事にゲネプロが終わったのは、午後10時位だったでしょうか?終わってからも音響のスタッフの方とシンセの音量に付いての打ち合わせをしていたので、何時頃に終わったのか僕ははっきりとは覚えていないのですが、今日は午後3時前にはリハーサルスタジオに入り、通しリハーサルを2回やりました。今回の小坂明子さんの45周年ライブは、9日は、小坂さんのピアノ伴奏とアーティストの皆さんのライブの2回公演、そして10日は、小坂さんを中心としたバンド編成とアーティストの皆さんのライブの2回公演と、内容が異なる二日間のライブになり、今日の最終リハーサルで小坂さんとアーティストの皆さんは、午前中から夜遅くに掛けて、内容の異なるリハーサルをぶっ通しでやったようです。本当に御苦労様です!僕が参加をするバンド編成の小坂さんのライブは、今月10日(日)、原宿のクエストホールにて、2回公演です!!それでは!

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR