FC2ブログ

今日、自宅に戻ります!

今日の小樽は、朝から気持ちの良い青空が広がっています!そして今日、自宅に戻りますが、東京は雨が降っているようですね!

小樽滞在中の4泊5日間、お天気も良く爽やかで、とても気持ちが良かったです!

そして夕方頃には、自宅に帰宅しました。
スポンサーサイト



母の検査日!

今日は、今回の帰省の目的だった母親の検査があるので、早朝から札幌に向かいます。札幌駅で車椅子の手配等、これまで妹がやっていた事を代わってやる訳なんですが、滞りなく無事に終りますように。午後には雨の予報もあるようなので、準備をして出掛けようと思います。

そしてお陰様で無事終了!天気予報も外れて今日は快晴で、午後4時前には実家に帰宅しました。今回母が乗った車椅子を初めて押したんですが、それなりに重いのかな?と思いきや、そうでも無く割と軽くて、それ程疲れませんでした。それとも乗る人の体重にもよるのでしょうか?いずれにせよ無事に滞りなく終わって、一息付いています。

小樽2日目!

昼食は久し振りにラーメンのみかんへ!ここ数年食べる機会が無かったので出掛けましたが、注文したのはやっぱり味噌!最近食べたかったのです、みかんの味噌味が!そして出て来たラーメンを一口食べると、その濃厚な味噌味に納得。スープも熱いのが嬉しい!やっぱりこうでなくては!御馳走様でした!

小樽の今日のお天気は、気温は23度でほぼ快晴。少し暑く感じますが、からっとしていて気持ちが良いです!

小樽に帰省!

今日から暫くの間小樽の実家に帰省します!新型コロナ禍ではありますが、実家の高齢の母が、この時期半年に一度の検査が札幌であり、1人では無理なので、僕がサポートをすることになりました。これまではミュンヘン在住の妹がサポートをしていましたが、今回は諸事情の為に来日が出来ず、僕が代わりを務めます。羽田空港内は、嘗て無いほどの人の少なさでした。もうすぐ機上の人となります。

アナログ・データのデジタル化も後少しと思いきや?

連日のように続けているアナログ・データのデジタル化そして保存の作業ですが、もう後少しで一段落と言うところになって、これまでデジタル化したデータの幾つかに、映像は撮れているのに音声が録れていないデータがあることに気が付きました。

そう言えば、この作業にそろそろ目処がつき始めた頃、その時点では分からなかったのですが、何故か音声が録れていないデータがある事に気が付き、その際、直ぐに原因を突き止めて対処してそこから新たに撮り直せば良かったのでが、きっと後回しにした事で忘れてしまったようです。

それで音声が録れていない中途半端なデータがどれだけあるのかチェックをしたところ、どうも10本前後の本数(内容はminiDVやVHS)があるようで、既にもう再デジタル化の作業を始めているところです。

それから音声が録れていなかった原因は、デジタル化する際に使うビデオ・キャプチャーのソフトの音声録音のチェックを外してしまった事が理由だったようで、早速チェックを入れました。英語の取説故に殆ど読まずに作業を始めたので、こう言うのは使いながら、そして時に失敗をして憶えて行く感じですね!

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR