FC2ブログ

CD「眠りのジャズ」のミニ・レビューがCD Journalに!

 CD「眠りのジャズ」のミニ・レビューがCD Journalに書かれていましたので、その内容とURLをアップさせて頂きます。宜しかったらご覧になって下さい。ミニ・レビューの内容は以下の通りです。

 「オリジナル5曲、スタンダード5曲の全10曲を、徹頭徹尾スローで演奏。打ち込みによる淡々としたリズム・セクションの上でうっすら流れるメロディと、器楽による緩いインプロヴィゼーションの組み合わせが、安息を超えた眠気を誘う。狙ったロー・テンションが見事に企画意図を体現した逸品といえる。」

https://artist.cdjournal.com/d/slow-jazz-music-for-relax--sleep/4118041772
スポンサーサイト



蒸し暑い・・・です!

 今日の夕方、小樽の実家から無事に自宅に戻りましたが、関東地方は蒸し暑いですね〜!今日早々と梅雨明けしたようですが、小樽の涼しさに比べると流石にこちらは蒸し暑いです!体調の管理に気をつけなければ・・・ですね!

またしても小樽に帰省!

今日、またしても小樽の実家に帰省しました!昨日、小田純平さんの原宿クエストホールでのライブを無事に終え、その後、渋谷で小田さんやゆうさん、そしてサポートメンバーの皆さん達と打ち上げがあり、美味しいお酒とお料理に、和気藹々とした有意義な時間を過ごしました。

僕自身としては、小田純平さんのサポートの初参加を、この度の東名阪のライブで無事に果たすことが出来て、本当に良かったです!

そして今日の小樽は、長袖が必要になる位の涼しさ。しばらく滞在します!

小田純平さんのライブ!

 今日は、東京は原宿クエストホールで小田純平さんのライブがありました!入り時間は午前11時。開演は先日の名古屋や大阪よりも30分早い午後3時。僕は午前10時40分位には会場入りをしましたが、既に笛吹さんと阿部さんは楽屋入りしていました。大先輩だとは言えやはり素晴らしい!サウンドチェックの後、小田さんを交えてのリハーサルが始まり、今日の小田さんは全曲をやることは無く数曲に留めました。と言うことで予定よりも大分早くリハーサルが終わり、後は楽屋でひたすら待機です。事務所の(川口さん改め)勇(ゆう)さんが「(予定よりも大分)早く終わってしまったね」と言うと、笛吹さんは「早く終わる分には良いんじゃないですか」と返答。

 そして今日の開演は午後3時。今回のステージは、舞台下手からの登場が小田さんとピアノの松田真人で、上手からの登場が笛吹さんと阿部さん。そんなこともあってステージに上がる直前、舞台下手にいた小田さんから僕にこんな話がありました。「僕は、昔は舞台に上がる前は、吐きそうで仕方がなかったんですよ」と、そして更に「つまり、緊張して吐きそうだったんです」と説明をして下さった訳ですが、そして「今は、ステージで歌うのが楽しくて仕方がないんですよ!」と言って下さいました。僕はそれに対して「(それは)最高なんじゃないんですか!」とお答えをさせて頂きました。

 そして開演!今日の小田さんも快調でした!小田さんの歌の素晴らしさは、僕がこれまでにサポートをさせて頂いた方ともまた違う感じがしています。単に「上手い」とか言うのとは、またちょっと違うような気がしていて、その辺に付いては、今後の小田さんのサポートで更に実感して行き、言葉に出来るのではないかと思います。

 今日の原宿公演も勿論大盛況の中、無事に終了した訳ですが、取り急ぎになりますが、幾つか写真を掲載します。

 まずは今日の小田さん!リハーサルの最中の小田さんです!

2018年06月24日(1)

 そしてリハーサル終了後、小田さん側から差し入れがあった「わさび入りのお稲荷さん」。これがまた絶品の味で、ハマりそうでした。写真は、そのワサビ入りのお稲荷さん!

2018年06月24日(2)

 今回のステージでは、中盤のサポート・ミュージシャンがステージから一度履ける場面があって、これは楽屋で撮って貰った写真です!左側から、ピアノの松田真人、チェロの阿部雅士さん、そしてバンマスでギターの笛吹利明さん。

2018年06月24日(3)

 今日の原宿公演を聴きに来て下さった皆様方、どうも有り難うございました!


 

CD「眠りのジャズ」が業界紙「コンフィデンス」で100位以内に入りました!

 今年の4月27日に株式会社DELLAより発売されたCD「眠りのジャズ / 松田真人」が、オリコンの業界紙「コンフィデンス」にて100以内に入りました。これまで松田真人を応援して下さった皆様方、そしてこのアルバムを購入して下さった皆様方、本当にどうも有り難うございました!

 今日の午後、仕事先の大阪より自宅に戻ったところで、デラの担当の池田さんよりメールがあり、それを読ませて頂いて、この事実を知ったところです。正直、感激・感動しています!「コンフィデンス」では、アルバムのトピックスまで掲載をしてくれたようで、その記事もアップさせて貰いますので、宜しかったらご覧になって下さい!因みに「コンフィデンス」に於ける6月25日付け時点では「82位」になっています。それから画像をもう少し大きく表示したいのですが、上手くいかないので、しばらくはこの状態でご覧になって下さい!(二つの画像をそれぞれにドラック&ドロップしてデスクトップ上に持って行き、デスクトップ上に出来た新たなデータを(ダブル)クリックしてやると、大きな画像が出現しますので、それで詳しくご覧になれると思います!)

 「コンフィデンス」に、アルバムのトピックスとして掲載された記事の内容:

「キーボーディストとして、スタジオワークとツアーサポートを中心とした音楽活動を行う松田真人が、11年ぶり5枚目のソロアルバムをリリースした。タイトルは「眠りのジャズ」。ジャズと聞いて、汗がほとばしるようなインタープレイを想像する人もいれば、高級ラウンジのソロピアノを思い浮かべる人もいるだろうが、さすがに”眠り”とはマナーが悪い、というのが第一印象。しかし、実際はこのアルバムのChill out感は格別だ。ピアノトリオとしての即興性も優しく維持されているし、こんなジャズアルバムは、なかなか聴けないという点で驚きの1作だ。(椎葉)」


2018年06月23日(1)

2018年06月23日(2)

大阪からの帰りの新幹線!

 今日は、大阪からの帰り日。みんなでホテルのロビーに集合をしてタクシーで新大阪駅へ!事務所の川口(小田さんや皆さんは、勇(ゆう)さんと呼んでいます)さんが、有名な豚饅551を買って下さり、皆さんに振舞って下さいました。川口さん、どうもご馳走様でした!

2018年06月23日(1)

 そして、小田さんがその美味しい豚饅を食する瞬間を「パチリ!」と写真に撮らせて頂きました!小田さんの後ろに見えるのは、チェロの阿部さんです。

2018年06月23日(2)

小田純平さんのライブ!

 今日は、大阪大丸心斎橋劇場で、小田純平さんのライブがありました!新幹線で名古屋から大阪に移動をしてタクシーで会場入り。楽屋入りをすると昨日と同様にステージに向かいピアノの置き位置やタッチなどを確認。暫くしてサウンドチェックが行われ、その後小田さんに歌って頂きながらリハーサルの開始。今日のリハーサルは昨日よりも幾分短めだったでしょうか。

 写真は、ステージ上でマイクのセッティングをしている小田純平さん。

2018年06月22日(1)

 開演は昨日と同様に午後4時。やはり最初に弾き語りでとあるあの曲を1コ-ラスだけ小田さんは歌われました。その後は昨日と同様のメニューで、昨日の名古屋の会場に足を運んで下さった皆様方の盛り上がりも凄かったのですが、今日の大阪公演に足を運んで下さった皆様方の熱い応援は、これまた凄かったです!ライブの最後には、ステージの前の方まで駆け寄って下さり、多くの方がスタンディングオベーションで小田さんと一緒になって歌って下さり、これはコメントの書き込みにもお返事をさせて頂きましたが、僕は、ライブの原点、そして醍醐味のようなものを見たような気持ちになりました。勿論、小田さんの音楽性やキャラクター、そして会場の雰囲気もあったとは思いますが、とても良かったです!ステージと客席とが一体になっている感じがしました!とても素晴らしかったです!

 そして小田さんのライブは大盛況で終わり、打ち上げへ。小田さんは終演後、日頃お世話になっている方への対応との事で、この日の打ち上げには参加されませんでしたが、我々サポートメンバー、関係者の皆さんは、打ち上げ会場へ。お店の名前は、何とか食堂。食堂と言う名前でしたが、美味しかったです。そしてこのお店は午後9時半までで、次は宿泊先のホテル近くのホルモン焼きのお店へ。小田さんと合流の可能性もあるかな?と思っていましたが、小田さんはお世話になっている方のところで、きっと歌われていたのではないでしょうか?この日の打ち上げでは、我々と合流とはいきませんでした。そして散会。この日の小田純平さんの大阪公演も大盛況で幕を閉じました!今日の小田さんの大阪公演を聴きに来て下さった皆さん、本当にどうも有り難うございました!次は明後日の東京は原宿公演です!

 写真は、打ち上げ会場の「何とか食堂」(「ダイワ食堂」でした)の店内に貼ってあった小田純平さんのサイン入りのポスター。

2018年06月22日(2)

 そしてお料理の数々。どれも量が少しづつで美味しかったです!

2018年06月22日(3)

2018年06月22日(4)

2018年06月22日(5)

 これが小田さんも美味しいと絶賛だった海老を卵で巻いた食べ物。マヨネーズとソースが掛かっていてとても美味しく、みんなでお代わりをしました!

2018年06月22日(6)

 「鯨のベーコン」

2018年06月22日(7)

 「山芋の薩摩揚げ」

2018年06月22日(8)

2018年06月22日(9)

2018年06月22日(10) 

小田純平さんのライブ!

 今日は名古屋の今池ガスホールで小田純平さんのライブがありました。新幹線のホ-ムで事務所の川口さんと一緒になり、僕から、今日が小田さんのサポートの初日になりますので宜しくお願いします!とお伝えをさせて頂くと、楽しくやりましょうよ!と、川口さんより有り難いお返事!そして新幹線の車内でも川口さんと隣り合わせになり、先日リハーサルの際に川口さんが差し入れて下さった生クリームぱんの情報を僕がブログにアップしたことに付いて、小田さんのファンの方からすぐに書き込みがあったようで、そのことを教えて下さいました。

 名古屋駅からはタクシーで会場に向かい、その際小田さんと一緒になり、最初の歌い始めの1フレーズ位でその曲のテンポ感を出すので、それを良く聴いて伴奏をお願いします、とのリクエストがあり、僕もその事をいの一番に意識して演奏に臨むよう心がけます。

 楽屋入りをすると、すぐにステージに向かいピアノの置き位置やタッチなどを確かめ、気持ちをライブに向けて高めて行きます。会場でのリハーサルは、1曲全部を通すと言う事は無く1コ-ラス程度にとどめ、後は楽しみを本番に取っておき、その後は楽屋でお弁当を食べて、本番に備えます。

 写真は、会場のステージでセッティングをしている小田純平さんと笛吹利明さん。

2018年06月21日(1)

 開演は予定通り午後4時。そして本番直前になって小田さんから、ちょっと1コーラスだけ喉鳴らしに歌いたい曲があるのでと、予定になかった曲が入りましたが、それを聴いてから僕は本来の予定通りにとある曲のイントロを弾き始めました。勿論、小田純平さんの歌声に集中したのは言うまでもありません。特にピアノがテンポの要となるような曲の場合には、尚更です!

 ここで話しは変わりますが、ライブのサポートはこれまでにも勿論色々とやっていましたが、東京や東京近郊以外となると約3年振りになるので、やはり新鮮でしたね!兎に角色んなことが新鮮でした。小田さんのような歌声の方は、僕は初めてのような気もしますし、ギターの笛吹さん、そしてチェロの阿部さんとライブでご一緒させて頂くのも始めてです!

 話しは前後しますが、笛吹さんや阿部さんは僕からも大先輩の方で、今日の楽屋でもびっくりするような、そして貴重な話しを聴くことが出来ました。それは小田さんのライブが無事に終わり、打ち上げの席での川口さんの話にもそれを感じました!やっぱり諸先輩方とこうして一緒にやらせて頂くのは、実にに良いですね!小田純平の素晴らしい歌声ともに、今日はそんな事も実感した1日になりました。川口さんの小田純平さんへの思いは、本当に素晴らしいと思いました。僕もそんなことへの一助になれればと思い、明日からまた頑張ります!

 余談になりますが、今日の小田さんのライブは午後6時過ぎには終わったので、小田さんと我々が打ち上げに出掛けたのは、午後7時20分頃。こんなことも僕は初めてのことです。通常だとライブが終わるのは、午後9時前。と言う事で今日の打ち上げは、ゆっくりと時間を過ごすことが出来ました。明日は小田純平さんの大阪公演です!

 写真は、打ち上げ会場「風来坊」で食べた食べ物の数々。最初は、ご存知の「風来坊」の手羽先!やっぱり美味しかったです!写真を撮りそびれてしまいましたが、他に「餃子」がとても美味しかったです!

2018年06月21日(2)

 「大アサリ」は、味が濃くて美味しかったです!
2018年06月21日(3)

2018年06月21日(4)

 「鰤(ぶり)カマ」

2018年06月21日(5)

2018年06月21日(6)


 今日の小田さんの公演を聴きに来た下さった皆さん、どうも有り難うございました!そして小田さんを応援して下さる皆様方におかれましても、どうか宜しくお願い致します!

映画「ネイビーシールズ:チーム6(2012)」

 今日観た映画は「ネイビーシールズ:チーム6(2012)/CODE NAME: GERONIMO SEAL TEAM SIX: THE RAID ON OSAMA BIN LADEN」(2012年アメリカ映画)と言う、アクション、戦争物の映画。ジョン・ストックウェル監督作品で、 キャストは、チーム:少佐(男優)ロバート・ネッパー、カム・ジガンデイ(男優)スタナー、アンソン・マウント(男優)チェリー、フレディ・ロドリゲス(男優)トレンチ、CIA:ウィリアム・フィクトナー (男優)CIA局長、キャスリーン・ロバートソン(女優)ヴィヴィアン・ホリンズ、その他の皆さん。

 内容は、米海軍特殊部隊“ネイビーシールズ”の中でも更に選りすぐりの精鋭を集めた“チーム6”。彼らに課された任務はペンタゴンからの指示に従い、アルカイダのオサマ・ビンラディンのアジトを襲撃することでした。しかし、政府上層部はビンラディンのアジト特定まで後一歩のところまで迫るも、決定的な確証を得られずなかなかゴーサインが出せないでいます。そんな中、作戦決行へ向け懸命に訓練を続けるチーム6だったのですが・・・。

 結構、緊迫感はあります。音楽は、ポール・ハスリンジャー。尚この作品は事実を基に作られたフィクションであり、且つテレビ映画で、劇場では公開されていないとのこと。

Wカップで日本がコロンビアに快勝!

 2018ワールドカップロシア大会で、日本が初戦の相手コロンビアに2対1で見事に勝利しました!試合は前半で香川真司選手がPKで1点を取りリード、後半同点にされた時はハラハラドキドキしましたが、最後は大迫勇也選手がゴールを決めて日本が初戦で勝利を収めました!日本が南米に初勝利した歴史的快挙です。次戦は24日(日)のセネガル戦です! 

仕事「小田純平さんのリハーサル」

 今日は、先週に引き続き、小田純平さんの二回目のリハーサル。先日同様、正午開始。リハーサルが始まる前に事務所の川口さんから、美味しい差し入れがありました。写真に掲載をした「清水屋の『岡山』生クリームぱん」です。小田さん曰く「冷たい時に食べた方が美味しいようですよ!」とのことで、笛吹さん、阿部さん、そし僕のサポート・ミュージシャンは一同に封をあけてパクリ!う〜ん、ふわふわのパン生地と北海道産の生乳クリームを使用した生クリームの越妙のハーモニーがもう絶品、とても美味しかったです!写真は三段階で掲載。(1)パッケージ(2)ぱんをパッケージから出してみると・・・(3)そして中身の生クリームは・・・

2018年06月19日(1)

2018年06月19日(2)

2018年06月19日(3)

 そしてリハーサルの開始。先週のリハーサルでライブのメニューそして曲順も決まり、今日は1曲目から曲順で通しリハーサル。その後、一度休憩に入り、休憩後には確認をしたい曲を数曲リハーサルをして、これでもう大丈夫!と言うことで、今日は早々と午後3時頃には終了と相成りました。明後日21日(木)から始まる名古屋今池ガスホールでのライブを皮切りに、東名阪の3か所のライブに向けたリハーサルは順調に終了しました!

 最後に掲載をした写真は、ギターの笛吹さんが「先週はみんなで撮ったから、今日は小田さんと二人で撮ってあげるよ!」とのことで、笛吹さんに撮って頂いた小田純平さんとの2ショット写真!!それでは名古屋、大阪、東京と、本番に足を運んで下さる皆様方、どうか宜しくお願いします!

2018年06月19日(4)

仕事「スタジオの録音」

 今日は、酒井遥(はるか)さんの書きで、劇伴の録音がありました。僕は今日が初めての、若手の作編曲家の方です!内容は、中国で販売するアニメーションの音楽とのこと。このお仕事は3日前の13日の夕方に依頼が来た仕事で、今日の午前中にパソコンの方に譜面が送られて来ました。ダウンロードをすると全部で17曲。全て書き譜で、中には難易度の高い譜面もあります。そして、曲数や譜面の内容を見ると、おさえられている2時間では、ちょっと終わりそうがない感じもします。自宅を出発するのは午後1時半。それまでには一通り譜読みをしなければと言うことで、すぐピアノの前に座り譜読みの開始です!そして一応の目処を付けて、後は本番に集中するのみです。

 そして自宅を出発、録音開始時間の午後3時半の30分程前にスタジオの到着。酒井さんや関係者の皆さんに挨拶をすると「松田さん、早いですが、(録音の方)始めても良いでしょうか?」と声が掛かります。僕は「少しでも早く終えて帰れるのですから、始めても大丈夫ですよ!」と即答。結果、予定よりも30分早く録音が始まりました。

 細かい点まで書き譜になっている曲を演奏する場合は、兎に角集中力の勝負!後は自宅で譜読みをして来たとは言え、覚えて弾いている訳ではないので、譜面を見た瞬間に鍵盤のどこをどう弾くべきなのか、瞬時に分かるように最低限の必要事項を書き込みます。そして録音が始まってから約2時間は、休むことなく演奏をし続けました。酒井さんからも「松田さん、この辺で少し休憩をされますか?」と声を掛けて頂きましたが、最初のお声掛けに対しては「僕は(休まなくても)大丈夫ですよ!」とお返事をさせて頂いて、演奏を続けます。そして丁度2時間経った位で、一度休憩に入りました。そして10分位休憩をした後、再び演奏に入ります。結局、抑えられていた午後5時半までの間、全19曲の内、5曲を残して「松田さん、今日はこれでお疲れ様でした!」と終了の声が掛かり、僕はお役御免となりました。

 酒井遥さんの書きは、酒井さんの音楽の世界観を感じるようで、素敵でした!今日も無事に終わって、何よりです!

映画「マイノリティ・リポート」

 久し振りに観た映画は「マイノリティ・リポート/Minority Report」(2002年アメリカ映画)と言う、アクション、ドラマ、サスペンス、SF、そして小説の映画化。スティーヴン・スピルバーグ監督作品で、キャストは、 トム・クルーズ(男優)ジョン・アンダートン、コリン・ファレル(男優) ダニー・ウィットワー、マックス・フォン・シドー(男優)ラマー・バージェス局長、サマンサ・モートン(女優)アガサ、ロイス・スミス(女優)アイリス・ハイネマン博士、ピーター・ストーメア(男優)エディ・ソロモン医師、ティム・ブレイク・ネルソン(男優) ギデオン、その他の皆さん。

 内容は、西暦2054年、犯罪予防局の予知能力者(プリコグ)を利用したシステムにより、犯罪が激減したワシントンDC。予防局のリーダー、トム・クルーズ演じるジョン・アンダートンは息子を誘拐されてから犯罪撲滅に力を注いでいました。ところがある日、プリコグはジョンが殺人を犯すと予知します。予知の結果が信じられないジョンは逃亡をし、嘗ての仲間や司法省の役人から追われながら、システムの考案者と接触します。そこでジョンは、プリコグが誤った予知をした少数派報告(マイノリティ・リポート)が存在することを知るのですが・・・。

 内容を全く知らずに観た映画。途中から想像していなかった方向に話が展開して行き、自分の想像を超えると言うのはやはり良いですね、ちょっと怖い雰囲気もありつつ、結構楽しめた映画です。近未来を舞台にしているので、CGを駆使して色々なテクノロジーが出て来て、この辺も面白く興味深いです。音楽も素晴らしいなあと思いきや、スピルバーグ作品とは一番多く関わっているジョン・ウィリアムズで、やはり流石と思わせる内容の音楽。素晴らしいです!

 音楽に付いてはその他にも、後半のショッピング・モールのシーンでヘンリー・マンシーニの「ムーン・リバー」が流れたり、シューベルトの交響曲第8番「未完成」第1楽章、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」第2楽章、ハイドンの弦楽四重奏曲ハ長調OP64-1第3楽章が聴かれます。スピルバーグの映画は割と好きな作品が多いのですが、この映画はこれまでのスピルバーグ作品とはちょっと雰囲気を異にした作品。それにしても犯罪を予知して、犯罪を起こす前にそれを食い止めて逮捕すると言うシステムは、何か凄いですね!オススメです!

WEB SHOP 5th ソロアルバム 「眠りのジャズ」

 4月27日に株式会社デラより発売されたCD「眠りのジャズ / 松田真人」は、お陰様で好評のようで、僕も嬉しく思います。そしてこの度、この「松田真人オフシャルブログ」でも、「眠りのジャズ」のアルバムの購入が出来るようになりました。購入に際しての枚数の制限は無く、送料&手数料は無料とさせて頂きます。(送料&手数料の無料に付いては、このアルバムのみにさせて頂きます。尚、振込手数料はご負担願います。)それから、松田真人本人のサインを希望される場合には「サイン希望」(ジャケットのみ、CD盤のみ、両方など)と合わせて記入をして下さい。それではどうか宜しくお願い致します。

5th ソロアルバム「眠りのジャズ」
株式会社デラより
2018年4月27日(金)発売
品番:DLDH-1898
「眠りのジャズ / 松田真人
\1,800(本体)+税(合計で1、944円)

 2007年に発表された前作「あたたかな時間」より11年振りとなる松田真人の5th ソロアルバム。主に癒し系のアルバムを制作・発表している株式会社DELLA(デラ)より、満を持して発表された松田真人のピアノ・トリオを中心に録音された、眠りに特化したようなジャズ・テイストのアルバム。内容は、誰しもが知っている5曲のスタンダード曲と松田真人の5曲のオリジナル曲の全10曲が収録されています。ゲストにスタジオ界きってのチェリスト・堀沢真己とギタリストの池田邦人が参加。まさに「静寂のジャズ」の王道を行くようなピアノ演奏。その心地良さと美しさは、格別です!是非、聴いて頂きたいアルバムとなっています。

1. Moon River
2. 夢の回廊
3. Stardust
4. 夜のしじまに
5. 奇跡の夜
6. Good Night Sweetheart
7. Fly Me to the Moon
8. 'Round Midnight
9. あなたへの贈り物
10. ノクターン 第2番op. 9-2

2018年04月27日

御注文の方法に付いては、以下(「続きを読む」)をクリックされて下さい!
(御注文に関する情報を御覧になれます!)

続きを読む

仕事「小田純平さんのリハーサル」

 今日は、都内某所で、小田純平さんのリハーサルがありました。リハーサルの開始時間は正午からで、僕は少し早めに所定のスタジオに到着。開始時間よりも少し前にスタジオに入り楽器のセッティングをしていると、小田純平さんがスタジオに登場をされ、僕も早速ご挨拶をさせて頂きました!僕が小田さんとお会いするのは今日が初めてなので、どのような方なのか楽しみにしていましたが、とても気さくな方でした!小田純平さんのファンの皆様方は、小田さんのお人柄をもうよくご存知かと思いますが、今日のリハーサルは小田さんのお人柄もあってか、とても気持ち良く進んで行きました。

 今日のリハーサルは1曲目から曲順で行われて、最後までチェックを兼ねて一通り通して休憩に入り、最後にもう一度通したところで、終了時間丁度の午後5時となりました。今日のリハーサルでは、僕は小田純平さんの本当に目と鼻の先ほどの至近距離でキーボード(本番は生ピアノ)を弾かせて頂きましたが、小田純平さんの実に魅力的な歌声を聴きながら伴奏することが出来て、本当に気持ちが良かったです!

 リハーサルの合間に小田さんは、小田さんのファンの皆様方がライブで楽しみにしていらっしゃると言う「出し物」的なものも僕に披露して下さり、小田純平さんて芸達者な方なんですね!と言うことで、今日は小田さんのお茶目な一面も見ることが出来ました。

 写真は、リハーサルを無事に終えて、小田さんを囲んで集合写真を撮って貰っているところです!リハーサルは来週もう一度行われます!左側から、ピアノの松田真人、ボーカルとギターの小田純平さん、ギターの笛吹利明さん、そしてチェロの阿部雅士さんの以上4名です!

2018年06月14日

2018年07月08日(日)濱田金吾ライブ(出演時間)!

 僕がサポートで参加をする濱田金吾さんの7月08日(日)中野「heavysick ZERO」でのライブですが、その濱田金吾さんの出演時間が分かりました。21:00〜22:00の予定です。以上、宜しくお願いします!

◯開催地:東京・中野
◯開催場所:中野「heavy sick ZERO」
◯出演者:片桐幸男(Gt)松田真人(Key)宮崎まさひろ(Dr)
終了しました!

無事に帰宅!

 夕方に無事に帰宅!もしかしたら今月もう一回、小樽に行くかも?知れません。

小樽の焼肉!

 また私用で小樽の実家に帰省。今回は一泊二日の日程です。小樽での夕食は何を食べようかと事前にチェックをして出かけたのは、焼肉「金太の金太」。小樽の焼肉「三四郎」や「大仁門」には既に出かけたことがあるので、今日はお洒落じゃない、所謂ディープなお店と言うことでこのお店に出かけました。階段を二階に上がると、畳の上の座布団に座って食べる感じで、七輪の炭火を使って食べる仕様!

 注文をしたのは、下がり、牛タン、ホルモン、いける(喉元)、キムチ、生ビール(二杯)、そしてライス!お店のおばさんが、七輪の火加減を調節してくれたりして、普通に美味しかったです!ホルモンといけるがボールに入って出てきたのは、このお店ならではなんだそうです。(笑)ランチに、ボリュームたっぷりで凄そうなメニューがありましたが、またいつかの機会にでも!ご馳走様でした!ディープな雰囲気を味わい方は、どうぞ!

2018年06月12日(1)

2018年06月12日(2)

2018年06月12日(3)

2018年06月12日(4)

2018年06月12日(5)

仕事「スタジオの録音」

 今日は、猪俣義周さんのアレンジで、相川美保さんと言う方の録音が2曲ありました。基本の編成は、ドラムに伊藤史朗さん、ベースに渡辺直樹さん、ギターに土方隆行さんと小堀浩さん、ラテン・パーカッションに矢坂順一さん、ピアノの松田真人です。

 1曲目は「アムール・ノワール」と言う、テンポが81でキーがDマイナーの曲。この曲では基本の編成に、桐山なぎささんのストリングス・セクションに女性の方アルト・フルートが加わりました。土方さんと小堀さんは両名共にガット・ギターです。猪俣さんの指示の元音合わせが始まるとボサノバのテイストでした。ピアノは書き譜が少しあり、その他には何箇所かでフィルインの指定があり、更には歌の合間にフィルインで弾くような感じになっていますす。そしてこの曲に於ける猪俣さんの基本的なアレンジは、先ほども触れたようにボサノバ・テイストで、要所要所で相変わらずに素敵なアレンジになっていて、僕の好きなサウンドになっています。洋楽を思い起こすようなところもあり、僕も楽しんで演奏が出来ました。

 2曲目は「今日から私は」と言う、テンポが99でキーがB♭マイナーの曲。こちらの曲では基本の編成に、平原まことさんのサックスが加わりました。土方さんと小堀さんの両名は、今度はエレキ・ギターです。それから音合わせの段階でテンポが2、3度変わり、最終的には幾つになったでしょうか?101位かな?確認しませんでした。(笑)サウンドの方は、直樹さんのベースのパターンが特に印象的で結構メリハリのある感じ。間奏では、平原さんのサックスの熱いフレーズが嫌がうえにもこの曲の雰囲気を高揚させます。そしてベーシックなリズム録りが無事に終わると、今度は土方さんのエレキ・ギターのダビングが行われましたが、やはり要所要所でエレキ・ギターのリードが、これまた盛り上がる方向に一役買っていました。そうそう僕はこの曲ではエレピを弾きました。と言うことで午後6時から始まった録音は、約2時間で無事に終了。今日の猪俣さんのアレンジもやはり素敵で、ところどころに洋楽の雰囲気が感じられて、通好みのサウンドのようにも思いました!

マリア・ジョアン・ピレシュさんが引退表明!

 世界的なピアニスト・マリア・ジョアン・ピレシュ(ピリスさんと表記されることもあります)さんが引退を表明されたことを、今ネットで知りました。僕は正直、驚いています。今NHKのEテレ東京で今年4月の来日公演の様子を放送していて、N響と共演をしたベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番の演奏を聴いて、第二楽章の演奏の美しさ(純粋で心を打つ演奏)に感動をしたところでしたが、この演奏がピレシュさんが引退を表明されてからの、最後の来日公演(引退公演)だったんですね。僕は彼女のショパンのノクターン全集やモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をCDで持っていますが、どちらも素晴らしい内容のアルバムです!これまで素晴らしい演奏の数々、そして音楽を、本当に有り難うございました!

小田純平さんの東名阪でのライブ!

6月に小田純平さんのライブが東名阪の3箇所で開催されますので、開催日時や会場名などの詳細に付いて告知をさせて頂きます。どうか宜しくお願いします!

小田純平 アコースティックLIVE 音楽にできること〜愛しき人たちへ・・・
[料金]全席指定6,500円(税込)当日券販売のある場合は500円up
●企画=ジェイ・オー プロジェクト ●制作=ユースリープロジェクト ●協力=エイフォース・エンタテインメント
チケット販売 2018年5月11日(金)

○6月21日(木)開場15:30/開演:16:00 名古屋・今池ガスホール
[問]サンデーフォークプロモーションTel. 052-320-9100

○6月22日(金)開場15:30/開演:16:00 大阪・大丸心斎橋劇場
[問]ナウ ウエスト ワンTel. 075-252-5150

○6月24日(日)開場14:30/開演:15:00 東京・原宿クエストホール
[問]キャピタルヴィレッジTel. 03-3478-9999
終了しました!

2018年08月04日(土)濱田金吾ライブ!

 「濱田金吾ライブ」
◯開催地:東京(新宿/曙橋)
◯開催場所:BACK IN TOWN
◯出演者:濱田金吾(VO,Bass)片桐幸男(Gt) 松田真人(Key) 宮崎まさひろ(Dr) 和気敦(Sax)
○開催日時:2018年08月04日(土)OPEN 18:00 START 19:00
終了しました!

自宅に帰宅しました!

 今日の夕方、小樽の実家から無事に帰宅しました!羽田空港に着いて感じたのは、あれっ、小樽の方が暑いかな?東京はもっと暑いだろうな、と思っていましたが・・・。小樽で撮った写真を色々とアップしたので、先月の31日(木)まで遡ってご覧になって頂ければと思います。

最終日はジンギスカン!

 今日が今回の小樽来訪の最終日!そんな今日の夕食はジンギスカンを食べに出掛けました。出掛けたお店は、小樽ジンギスカン倶楽部「北とうがらし本店」。僕が小樽で生活をしていた学生の頃には、各家庭でごく普通にジンギスカンを食べていましたが、この頃はジンギスカンを食べさせてくれるお店もあるんですよね!ジンギスカンと言うと、やはり松尾ジンギスカンが有名で、甘い松尾ジンギスカンのタレに比べてこのお店は、僕が昔から慣れ親しんで来た醤油ベースのタレ。美味しいジンギスカンが食べたかった僕の気持ちを充分に満たしてくれる味で、オススメです!

 写真は、小樽ジンギスカン倶楽部「北とうがらし本店」のジンギスカン。

2018年06月07日(1)

 それはそうとこのお店のある花園銀座商店街通りは、人通りもまばらで何とも寂しい限りですね。僕が小樽で生活をしていた学生の頃は、この界隈は人通りも多く賑やかだったのに、今では閑散としています。

 写真は、花園銀座商店街通りの写真。見て分かるように人通りも疎らで閑散としています。僕が学生の頃は、一番賑やかな通りの一つでした。

2018年06月07日(2)

 それから今日は、実家から散歩がてら歩いてお店まで往復したのですが、ipodに入れて来た小田純平さんの曲をイヤモニで聴きながら出掛けたのですが、小田純平さんの音楽は、小樽の風情に合うような気がしました!昭和の香りと言うか、懐かしさを感じます!

今日の昼食はラーメンのみかん!

 今日の小樽も朝から良いお天気!北海道も最近は暑いんですね!関東のように湿度は高くはないものの、日差しは暑く感じます。そして昼食はラーメンの「みかん」で、醤油の大盛り。ここも僕は好きな味のラーメン。オススメです!

 写真は「みかん」の「醤油らーめん」。

2018年06月06日(1)

 夜は、知り合いの方お二人と会食。お店は小樽の寿司処「ひきめ」。日本酒を飲みながら「握り寿司」の他に「キンキの揚げ物の餡掛け」や「つぶ貝」など色々と頂きましたが、どれも美味しかったです。オススメのお店です!

 寿司処「ひきめ」の「握り寿司」と「キンキの揚げ物の餡掛け」。

2018年06月06日(2)

2018年06月06日(3)

今日は美味しい海鮮丼!

 今日はまず午前中に小樽市役所に!勿論用事があって行った訳ですが、小樽市役所に行ったのは、もしかしたら初めてかも?

 写真は、その小樽市役所。

2018年06月05日(1)

 そしてお昼ご飯は、小樽駅近くの三角市場の中にある北のどんぶり屋「滝波食堂」へ。注文をしたのは「元祖わがまま丼」で選んだネタは、本マグロ、ホタテ、そして生うに、と凄く美味しかったです!夕食は、知り合いの方が差し入れて下さったスープカレー。こちらも楽しみです!

 写真は「滝波食堂」の「元祖わがまま丼」(本マグロ、ホタテ、生うに)。

2018年06月05日(2)

今朝の小樽は良いお天気!そしてラーメン初代!

 ここ数日の小樽の朝は、僕には少し寒く感じ、暖をとることもありましたが、今朝の小樽は良いお天気で、今実家の庭を歩いてみましたが、心地良い暖かさです!そして実家の周りの木々や緑からは、沢山の虫や鳥の鳴き声(特に蝉の鳴き声)が聞こえて来て、あぁこれも、動植物や自然が大好きな母が気に入っているところなんだろうな、と納得!

 そして今日のお昼は、迷わずラーメン「初代(しょだい)」へ。注文したのは、これも迷わず醤油ラーメンの大盛り。最近はラーメン屋さんに入ってラーメンを食べることが無くなってしまいましたが、折角地元の小樽に帰って来たこともあってか、今回は先日のラーメン「一番」、そして今日のラーメン「初代」と、ラーメン屋さんは今日で二軒目。そして初代の醤油ラーメンの味は、僕の大好きな味で、納得、満足、美味しい!勿論オススメです!今日の小樽は、暑かったです!

 写真は「初代」の「醤油らーめん」。

2018年06月04日

小樽のB級グルメ餡掛け焼そば!

 今日はお昼に、小樽のB級グルメで有名な「餡掛け焼そば」を食べに出掛けました。食べに行ったお店は、創業50年を超える老舗中華食堂「桂苑(けいか)」です!お昼時だった事もあってか5、6人並んでいましたが、待つ事10分程度で入店。念願の「餡掛け焼そば」を注文。具材は、海老、豚肉、イカ、キクラゲ、野菜は玉ねぎ、モヤシ、白菜等。少し太めの麺に風味豊かであっさり醤油味の餡がとても美味しかったです!お客さんの半数以上が餡掛け焼そばを注文するのも頷ける味。オススメです!場所は小樽、ですが・・・。

 写真は「桂苑(けいか)」の「餡掛け焼きそば」。

2018年06月03日(1)

 この日は昼食後、和光荘に至る急な坂道を歩いて自宅に帰りました。この写真は、学生の頃にも頻繁に利用したその和光荘への急な坂道ですが、大分朽ち果てたように感じます。長い年月を感じます。因みにこの写真は、上り坂を写しています。この坂を登って、登る途中で左に曲がって行くと和光荘があります!

2018年06月03日(2)

 そしてこの日の最後は、自宅の庭から見える沢山の木々や緑の風景。手前に見えるのは家庭菜園ですね。

2018年06月03日(3)


昼食は回転寿司の和楽!

 今日も朝方は少し寒く感じましたが、日中は昨日よりも少し暑く感じ、途中に天気雨も・・・。昼食は一度行ってみたかった回転寿司の「和楽」へ。お昼時だったので30分ほど待ってカウンター席に!9皿頂きました。美味しかったです!

2018年06月02日(1)

 そして今回の来樽には、今月から始まるシンガーソングライター小田純平さんのライブに向けて、音資料と譜面を持参して来ました。それで先ほど小田さんの音資料を聴きながら実家のピアノで小田さんの曲を弾いてみたら、小田さんの曲は懐かしい雰囲気の曲もあったりするので、自分が実家で生活をしていた学生の頃を思い出して、懐かしい気分に浸ってしまいました。実に素敵な気分でした。

 写真は、帰宅後に自宅の庭にあった白色の鉄製の椅子を撮ったもの。その他に、庭に咲いていた綺麗な花。

2018年06月02日(2)

2018年06月02日(3)

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR