FC2ブログ

映画「早春 デジタル修復版」

 今日観た映画は「早春(1956)/Early Spring」(1956年日本映画)と言う、ドラマ、そしてモノクロ映画。小津安二郎監督作品で、キャスト(以下、敬称略)は、池部良(男優)杉山正二、淡島千景(女優)杉山昌子、岸恵子(女優)金子千代(キンギョ)、高橋貞二(男優)杉山の友人 青木大造、笠智衆(男優)小野寺喜一、山村聡(男優)バーのマスター 河合豊、三宅邦子(女優)河合の妻 雪子、杉村春子(女優)杉山家の隣人 田村たま子、宮口精二(男優)田村精一郎、浦辺粂子(女優)昌子の母 北川しげ、東野英治郎(男優)バーの客 服部東吉、三井弘次(男優)杉山の戦友 平山、加東大介(男優)杉山の戦友 坂本、中村伸郎(男優) 荒川総務部長、その他の皆さん。

 内容は、蒲田に妻と住む池辺良さん演じる杉山正二は、丸ノ内への通勤途中で知り合ったサラリーマンたちと仲良くなり、退社後に遊びに行くのが日課となっていました。淡島千景さん演じる妻昌子は、退屈な毎日から逃れるように、おでん屋を営む母の実家へ帰ったりしています。通勤仲間と出かけた江ノ島で、杉山は岸恵子さん演じるキンギョと呼ばれている金子千代と接近。千代の誘惑に耐えきれず、関係を持ってしまいます。二人の関係に気づいた杉山の妻は家出して、旧友のアパートに転がり込みます。同僚の死を切っ掛けに、杉山は自分の生き方を振り返り、千代と別れようと考え始めますが、丁度その頃、会社で地方工場への転勤話が持ち上がってしまいます・・・。

 僕がこれまでに色々と観た小津作品の中では、少々(小津映画だと「少し」のことを「ちょいと」と言いますが・・・)色気を感じる映画。可愛らしく官能的な岸恵子さん演じるキンギョと夫よりも一枚上手かと感じさせる淡島千景さん演じる妻の昌子。最後は、例によって夫婦お互いに仲直りをする結末になっていますが、主人公の杉山は、通勤仲間達と退社後、江ノ島にハイキングに出かけたりするかと思えば、嘗ての戦友たちと旧交を温める意味深長な場面があったり、一方では、会社の同僚が結核で死ぬ場面で、弔問に訪れた山村聡さん演じる河合豊が杉山を相手に「あいつもサラリーマン生活の嫌な側面を見ないうちに死んで、かえって良かった」等と言う場面があり、この映画ではサラリーマン生活がどちらかと言えば、否定的に描かれてもいます。

 夫婦の危機を描いた局面を考えれば、先日観たばかりの「お茶漬けの味」と同系列と考えても良さそうですね。脇を固める俳優陣の演技も色々と見どころがあって、例えば、昌子の母役で浦辺粂子さん演じる昌子の母 北川しげの演技は、流石と思わせる内容です。脚本は、小津安二郎、野田高梧。音楽は、斎藤高順。余談ですが、この映画が公開された1956年に僕は生まれました。不倫に揺れる昭和30年代のサラリーマン夫婦を描いた作品で、オススメです!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR