FC2ブログ

「松田真人 Piano Solo Live 2018 Autumn」

 本日、国分寺の「GIVE HEARTS」で行われた「松田真人 Piano Solo Live 2018 Autumn」は、お陰様で無事に終了しました。皆様方に書いて頂いたアンケートは、これからゆっくりと読ませて頂きます。そして終演後には、皆様方とお話しもさせて頂きましたが、頂いたプレゼントや差し入れの方、本当にどうも有り難うございました!内容の詳細に付いては、後日にさせて頂きますので、宜しくお願いします。

 会場入りは午後4時丁度。いつものようにセッティングをしてリハーサルの開始。今年は僕がプロミュージシャンになって39年目の年になるので、今年と来年のソロライブは、自分のオリジナル曲を中心にセットリストを組むことにしました。と言うことでクラシック等の楽曲の演奏は無し。セットリストが決まり自宅でリハーサルもして来ましたが、自分のオリジナル曲ともなると、やはり思い入れと言うか、ピアノを弾いていても何か違うものがあるように感じます。それから今回のソロライブは、今年の春に発表をした11年振りとなる新譜「眠りのジャズ」が好評とのことで、そのアルバムからも数曲取り上げることにしました。と言うことで、1曲目は「眠りのジャズ」から・・・。

 話は戻りますが、リハーサルは、まずカラオケで演奏をする曲のチェックから。今回は「眠りのジャズ」のカラオケも用意をしているので、ジャズ・テイストのカラオケともなると、これまでのポップス調のカラオケとは若干音量のバランスが異なるので、その辺は会場の音響のスタッフの方と念入りにチェックをします。そして次は弾き語りのリハーサル。そして最後はピアノソロの楽曲のリハーサル。午後5時半頃にはリハーサルは終了。その後は楽屋で開演を待ちます。

 開演は午後6時半丁度。今日のソロライブは、これまでとは少し気持ち的なことで、違うような気がしました。はっきりとした理由は分かりませんが、昨年の12月に始まり、特に今年の年明けから「眠りのジャズ」の「眠り」に特化した内容のアルバムを制作したことで、音数の少ない、静かな、柔らかい(その他にも、これらに類似したような表現があるかとは思いますが)ピアノの演奏を実際に経験したことで、それが実に心地良かったこと。そして僕自身も最近、このような音楽性に少なからず魅力を感じ始めていたと言うこと。そんなことが、僕の、特に最近のピアノの演奏に少なからず影響を与えたことは間違いないように思います。

 実際、今回のセットリストにある多くの曲で、そのような演奏の仕方が反映されていたのではないかと感じるからです。その他にも、メロディーを味わうように、嚙みしめるように弾くこと等々・・・。ある種、猪突猛進的な演奏は、僕は若い頃からもう、随分と弾いて来ましたからね。(笑)自分の演奏に真っ向からのめり込むだけでなく、しみじみとした演奏や、ちょっと斜め上から、身を引いて冷静に感じ取るような演奏・・・。そんなことも考えたりしています。

 昔は、20代、30代の若い頃は、ガンガンに行ってましたからね!(笑)でも、それはそれで良かったと思っています。もう今の年齢では、そのようなパワフルな演奏は出来ないかも知れませんしね。でも僕は、出来ると思ってはいますが・・・。(笑)

 それと今回はトークを少な目にしました。限られた2時間程度のライブの中で、トークを少な目にして、ピアノの演奏やオリジナル曲を聴いて頂こうとの思いからです。良く考えてみれば、これは当たり前なんですが、ミュージシャンの皆さんの中には、トークが上手な方もいらっしゃいますし、僕の中では、最近のライブ(最近に関わらずかも知れませんが)は、話が出来て当たり前的なイメージがあったので、トークが苦手な自分も、それにトライしてみなければ的な思いがあったからです。と言うことで、これからは、トークを少な目にしようかな?(笑)皆様方への御挨拶や曲紹介等、後は、これだけは伝えたい!等の内容と、トークも厳選ですかね。

 今日のブログの内容は、ちょっとこれまでとは違ってしまいましたが、皆様方にもお伝えをしたい内容のように感じたので、書かせて貰いました。今月の24日(土)には、大阪でのソロライブも控えています。聴きに来て下さる皆様方にも喜んで頂けるように、心を込めて、集中をしてピアノを弾きます!

 それからこの日のセットリストは、今月の24日(土)に大阪でのソロライブがありますので、それが終わってから掲載をさせて頂きます。宜しくお願いします。

 それでは、この日のライブの写真です!

2018年11月17日(1)

2018年11月17日(2)

 そしてこの日のセットリストです!

1 「Moon River」(ヘンリー・マンシーニ/カラオケあり)   
    MC 曲紹介
2 「あなたへの贈り物」(オリジナル曲)
3 「Good-Bye」(ゴードン・ジェンキンス/カラオケあり)
    MC 曲紹介
4 「夕映え」(オリジナル曲)
5 「哀愁のメロディ」(オリジナル曲)
    MC 曲紹介
6 「レクイエム」(オリジナル曲) 
7 「渚にて」(オリジナル曲)
8 「東京悲恋夜話」(オリジナル)
9 「銀河鉄道トリップ」(オリジナル曲/カラオケあり) 
    MC 曲紹介
10 「You Are So Beautiful」(ビリー・プレストン/弾き語り)
    MC 曲紹介 
11 「月の雫」(オリジナル曲)
12 「時を紡いで」(オリジナル曲)
13 「君の笑顔が見たいから」(オリジナル曲)
    MC 曲紹介 本編最後の挨拶
14 「心のままに」(オリジナル曲/カラオケあり)
15 「AI NO KAKERA」(オリジナル曲/カラオケあり)

アンコール:16 「愛の歌」(オリジナル曲/カラオケあり)
スポンサーサイト

コメント

真人さん🎵ソロコンサートお疲れ様でした🎵ブログで真人さんが真剣にピアノを弾かれたのが伝わりました🎵若い頃と今。違って当然だと思います🍀大阪も頑張って下さいね🍒💐🍒

眠りのジャズも

昨夜は心安らぐ素敵な時間をありがとうございましたe-490私的には今までで最高のライブでしたv-344いただいて帰った『眠りのジャズ』も大好きなアルバムになりましたが、不眠で悩む主人にプレゼントしましたv-25次のe-300も楽しみにしていますe-343

No title

 「綾子」さん、今晩は!いつもコメントの書き込みを有り難うございます!

 仰るように、僕のピアノの演奏も、若い頃と違って来たように思います。変化して来たとでも言うのか、これまでのものもありつつ、更に他のものも加わって行く感じなのかも知れません。大阪も頑張って来ます!

No title

「ともこ」さん、今晩は!昨日は、国分寺で行われた僕のピアノソロライブを聴きに来て下さり、どうも有り難うございました!お陰様で、無事に終えることが出来、僕も良い感触でピアノを弾くことが出来ました。

 CD「眠りのジャズ」は、末長く聴いて頂けると嬉しいです!不眠でお悩みのご主人様にも聴いて頂けるようですが、喜んで頂けると幸いに思います。また是非、聴きに来て下さいね!

 それでは、どうも有り難うございました!
非公開コメント

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR