FC2ブログ

大切なスマホが・・・?

 昨日、美味しいランチを食べに出掛けた後、買い物等をして、夕方から都内某所で行われる梶田さんにお会いする為の会に、自宅を出発する45分位前に一度自宅に戻りました。すると上着のポケットに入れてあったはずのスマホがありません。「あれっ?」と思いながら、きっと僕のことだから、帰宅後、すぐに自宅のどこかに無造作に置いてしまい、そのことを忘れてしまったのだろう?位に考えて、スマホの携帯番号に電話をすれば、自宅のどこかでスマホを呼び出している音が聞こえて来て、スマホのある場所が分かり、見つかるだろう!と、あまり心配はしていなかったのですが、2、3度と携帯番号に電話をしても呼び出している音が聞こえません。じゃあ出掛けた際に、車の運転席等、どこかに置き忘れてしまったのだろう?と思い、駐車場の車に様子を見に行きましたが、スマホは見つかりません!これには流石に困りました。そして出かける時間が刻一刻と迫って来ます。結局、スマホは見つからず、自宅を出る時間になってしまい、この時点では、スマホを紛失してしまった感がありました。

 そして都内某所での会が終わり、電車で帰宅後、もう一度、車の中を探してみることにしました。今度は懐中電灯を持って・・・。すると、運転席の下のちょっと見え難いところに、大切なスマホがあったのです!これには、もう本当に、良かったと言うか、ほっと安堵をして胸を撫で下ろしたような気持ちです。今回は、上着のポケットに入れたスマホが、車の運転中か何かの時に、上着のポケット(ちょっと浅い感じのポケット)から外に抜け出てしまったようです。今後は、対策と言うか、スマホを入れた手帳型のケースをズボンのベルトを入れる部分に繋げるようなこと(取りはずしが出来るような感じで)を考えてみようと思います。兎に角、大切なスマホが見つかって良かったです!!!
スポンサーサイト

コメント

ひやっとしましたね

まず、無事見つかってよかったです。記事を読んでいる間ヒヤヒヤしました。
スマホ失くしてしまうと、本当に大変ですものね。幸い、私は未経験ですが気をつけようと思います。
まだiPhoneを探すアプリの使い方がわかりません!

No title

「けいこ」さん、今晩は!

スマホを失くしてしまったかも?の件ですが、一時は本当に焦りました。最悪、新しく購入することも考えましたが、まずは仕事等での電話やライン等による連絡が滞ってしまうこと。通上のメールはPCでも送受信は出来るのですが、その他にも、その都度思いついたことをメモしていたり、色々な情報がスマホの中にあるので、本当に慌てました。

昨日はそんな状況の中、都内某所で先方の方とお会いをして、色々な話しをさせて頂きました。お陰様で話しの方は色々と弾み、時間の経つのを忘れてしまうかのようでした。

そして帰宅後、もう一度、車の中を探してみようと思い、懐中電灯を手に車の中を探したところ、見つかったのです!その時は、本当に安堵しました。PCが故障した時も同様に慌てますが、スマホを紛失すると言うのも、やはり慌てますね。本当に今の時代は、PCやスマホへの依存度が大きいのですね!因みにiPhoneを探すアプリと言うのも、ほんの少しですが調べてみました。僕も「けいこ」さんと同じように、まだ良く分かりません。
非公開コメント

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR