FC2ブログ

ジノ・ヴァネリの「Wheels of Life」

 「今日のこの一曲!」は、ジノ・ヴァネリの「Wheels of Life」です!この曲は、彼の名盤「Brother to Brother」に収録されている曲ですが、それが2012年に発表された「The Best and Beyond」でリ・アレンジされて、またしても素晴らしいサウンドになりました!

 このアルバムでは、その他にも「Brother to Brother」を始めとして、彼の代表的な曲が全てリ・アレンジされて収録されていて、どの曲もアレンジに関しては基本的に大きな変化はありませんが、参加をしているミュージシャンのプレイは勿論のこと、楽曲のリズムやコード、オブリガートやコーラス等、その全てに至るまで見事な程にブラッシュアップされています。僕にとってジノ・ヴァネリの音楽やサウンドに触れる喜びや驚きは、正に未知のサウンドを耳にするような感動と驚き、そして他では得られないような喜びがあります。そして彼は、全ての音楽のジャンルを軽々と乗り越えてしまうのです!正にハイパー!

 そして先日注文をした、僕がまだ聴いていなかった彼のアルバム「A Good Thing」が早々とドイツから届いたので、昨日そして今日と聴いていますが、現在の彼は、昔のようにシンセサイザーを多用しなくなったようですね。つまり昔シンセサイザーでやっていたことのその殆どを、プレイヤーによる生楽器の演奏で自身の音楽に彩りや深みとして取り入れているのです。そしてよりジャズのテイストに傾いているようにも感じます。まだ届いてはいませんが、10年振りとなる新譜「Wilderness Road」を試聴した感じでは、カントリーのテイストも入っているように感じたので、ジノ・ヴァネリのボーダーレス感はとどまるところを知らずと言った感じですね!いずれにせよ、歓喜の雄叫びと言ったところでしょうか!(笑)今、僕が一番ハマっている曲は、ジノ・ヴァネリの「Whells of Life」のリ・アレンジ版・・・です!

 最後に、この曲の歌詞の訳詞を記しておきますので、宜しければどうぞ!

「Wheels of Life」(人生)

人生の歯車が加速していく、
時は休むことなく 僕をすり抜けていく
叶えられない夢もあるけれど
君となら
たとえ叶わなくても
慈しみを感じていけるのさ

時の歯車が強く加速していく
過去の憂鬱が僕を縛りつける
でも愛が僕を救ってくれているんだね
君を決して放さない
寄せては返す波のように
また君の元へたどり着いたのだから

*ザ・ウイールズ・オブ・ライフ
ザ・ウイールズ・オブ・ライフ
ザ・ウイールズ・オブ・ライフ
人生は絶え間なく刻み続ける

もし明日が最後の日だとしたら
君と一緒なら
一生ほどの愛おしさを感じられるはず

きっと愛が僕を救ってくれていたんだね
僕は君を決して放さない
寄せては返す波のように
こうしてまた君の元へ帰ってきたのでから

(*repeat)

ザ・ウイールズ・オブ・ライフ
ザ・ウイールズ・オブ・ライフ
人生は絶え間なく刻み続ける


(1)「Wheels of Life」のオリジナル:「Brother to Brother」(1978年)より
https://www.youtube.com/watch?v=pxwopy0F-Og


(2)「Wheels of Life」のリ・アレンジ:「The Best and Beyond」(2012年)より
https://www.youtube.com/watch?v=etH12CyDI3U



(3)Martine St-Clair and Gino Vannelli: L'amour est loi:
https://www.youtube.com/watch?v=Uhejg3NUnjU
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR