FC2ブログ

小田純平さんのアコースティックライブ!

 今日から小田純平さんのライブで九州を三箇所まわります!初日の今日は、福岡「Gates 7」。これから準備をして出掛けますが、内容の詳細に付いては、いずれまた!

 そして羽田空港で、小田さん、笛吹さん、勇さんと合流をした頃、一つ忘れ物に気が付きました。それは、籐で編んだ固い枕。僕は、54歳の時に頸椎椎間板ヘルニアになり、当時2、3年位の間、地元の整形外科にリハビリ等で通院していましたが、その籐で編んだ枕を使うようになった事で、首や肩の酷い痛みから開放されたので、その枕を自宅では勿論、旅先にもスーツケースに入れて持ち歩いているのです!その枕を自宅に忘れて来てしまいました!仕方が無いので、今回はホテルの枕を使うことにします。

 羽田空港からの出発は20分遅れ、ただ今機上の人です!そして、14:30頃には福岡空港に無事到着!空港からはタクシーで会場へ!会場に着くと会場の道路を挟んで向かい側にある美味しいラーメン屋「暖暮(だんぼ)」へ!全員が半熟玉子ラーメンを注文!それと一口餃子も!やっぱり今日も美味しかったです!さぁ、今日も頑張ります!

 写真は「暖暮」のラーメン!安心の美味しさ!

2019年11月22日(1)

 今の時間は午後5時過ぎで、少し前に無事にリハーサルが終わったところです!そして楽屋の差し入れに、「蒸気屋」さんの博多どうなつ(油で揚げていないようで、まだあったかく丁度良い甘さで美味しい)、創作寿司割烹「しめ寿司」(持ち帰ってホテルの部屋で頂きましたが、美味しかったです!)、苺大福を頂きました!苺のあまりの美味しさに、この苺はあまおうじゃないかって・・・。そして今度は、ぼた餅の差し入れが・・・。

 今日は、5分押しで午後6時5分の開演です!そして午後8時頃には無事に終了!今日のライブは、ステージと客席の皆様方との一体感もいつも以上にあって、気持ちの良いライブになりました!本当にどうも有り難うございました!

 そして今日の打ち上げは、小田純平さんオススメの「博多うま馬祇園本店(かな?)」と言うお店へ!鶏皮を串に刺して丁度良い甘辛のタレで焼いた名物「鶏皮」料理が抜群に美味しいとのことで、小田純平さん他、小田さんを強力に応援して下さる数名の皆さん、そしてイベンターさんと出掛けましたが、凄く美味しかったです!そしてこのお店は、ラーメンがメインのようで、その何種類かある味の中から、小田さんオススメの細麺の濃(こく)まるラーメンのハーフサイズを注文して食べてみると、これがまた美味しくて感動!その他にも初めて食べる酢モツ、胡瓜の一本漬け、明太子入り出汁巻玉子等も美味しかったです!今日も御馳走様でした!明日は鹿児島でのライブになります!

 写真は、小田さんオススメの名物「鶏皮」!外はパリパリで中はジューシー、丁度良い甘辛のタレで美味しいんです!

2019年11月22日(2)

 そしてこちらの小田さんオススメの濃まるラーメンのハーフサイズ!美味しかったです!

2019年11月22日(3)

 お店の前で自撮りをした写真で、美味しいお酒とお料理に大満足の三人!左から笛吹利明さん、真ん中は松田真人、そして小田純平さん!

2019年11月22日(4)




スポンサーサイト



コメント

九州ライブツアー

真人さん、2019年最後のライブツアーですね。今年は神楽坂からスタートして全国沢山の会場でのサポートありがとうございました。九州はラーメンとホルモンが美味しいですから食べ過ぎに気をつけて下さいね。今日の東京はとても寒いですが頑張ってください。

No title

「綾子」さん、こんにちは!仰るように、小田純平さんの2019年最後のライブツアーになります!そして今年は、全国各地で行われた小田さんのカラオケグランプリで色々とお世話になり、どうも有り難うございました!今日はこれから、福岡、鹿児島、そして熊本の三ヶ所を廻ります。美味しいお酒や食事にも舌つづみを打つことになるでしょうから、飲み過ぎや食べ過ぎにも気を付けて、小田純平さんのライブのサポートさせて頂きます!
非公開コメント

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR