FC2ブログ

映画「ミッドナイト・イン・パリ」

 今日観た映画は「ミッドナイト・イン・パリ(2011)/MIDNIGHT IN PARIS」(2011年スペイン、アメリカ合作映画)と言う、ドラマ、ラブストーリー、コメディ、ファンタジー、ロマンス映画。ウディ・アレン監督作品で、キャストは、オーウェン・ウィルソン(男優)ギル、レイチェル・マクアダムス(女優)イネズ、キャシー・ベイツ(女優)ガートルード・スタイン、エイドリアン・ブロディ(男優)サルバドール・ダリ、カーラ・ブルーニ(女優)美術館ガイド、マリオン・コティヤール(女優)アドリアナ、、マイケル・シーン(男優)ポール、トム・ヒドルストン(男優)F・スコット・フィッツジェラルド、アリソン・ピル(男優)ゼルダ・フィッツジェラルド、コリー・ストール(男優)アーネスト・ヘミングウェイ、その他の皆さん。

 内容は、ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)。しかし、脚本の仕事はお金にはなりますが満足感は得られず、早く本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中でした。そんな彼は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせます。ところが、スノッブで何かと鼻に付くイネズの男友達ポールの出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨うことになり、するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込むギルでしたが、辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、ヘミングウェイといった、今は亡き歴史上の偉人達を紹介され、自分が1920年代のパリに迷い込んでしまったことを知る事になります。やがてはピカソの愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)と出逢い、惹かれ合っていくギルだったのですが・・・。

 これは予期していなかっただけに、新鮮でなかなか面白く楽しい映画でした!ウディ・アレン監督作品としては最も興行成績が良く最大のヒット作となった、チャーミングでファンタジーなコメディ映画。作家志望のアメリカ人男性が、ふとしたことからヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ゴーギャン、そしてロートレックと言った、伝説の作家や芸術家達が集う憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的で魅惑的な時間を過ごす様子を、ノスタルジックかつロマンティックに綴った作品ですが、2010年の現代から1920年代にタイムスリップする訳なので、所謂SF映画なのかと思いきや、決してそんなところも全く無く、むしろそれが余計に興味を惹くような内容。セピア調のパリの街並みはどこも美しくノスタルジックでロマンティック、そして少しばかり切ない内容。アカデミー賞ではオリジナル脚本賞を受賞。これはオススメしたい映画です!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

masatomatsuda

Author:masatomatsuda
◯松田真人へのメールは
<requiemmasatomatsuda@gmail.com>へお願い致します!

◯松田真人(ピアノ、キーボード、シンセサイザー、作・編曲、プログラミング、ヴォーカル)

1956年(昭和31年)2月25日北海道小樽市に生まれる 星座 魚座 血液型 B型
1974年(昭和49年)北海道小樽市立小樽潮陵高等学校を卒業
1978年(昭和53年)国立音楽大学教育音楽学科第1類を首席で卒業
1979年(昭和54年)都立志村高等学校の音楽教師を1年で退職

 母親の薦めで、5歳7ヶ月頃よりオルガンを始め、6歳7ヶ月頃にピアノを習い始める。小学時代より流行歌に魅せられ、中学時代にはラジオから聞こえて来た洋楽を聴いたことが切っ掛けで、より一層音楽に夢中になり、高校時代にはキング・クリムゾン、エルトン・ジョン、イフ、サンタナ、チック・コリア等の影響を受け、大学時代はスクリャービン、ラフマニノフ等のクラシック音楽に傾倒する。

 国立音楽大学に入学してからは、特にクラシック音楽の作曲に没頭し、卒業後は都立志村高校の音楽教師になるが、1年で退職して因幡晃のツアーに参加、プロミュージシャンとなる。

 1985年にはバンド「パラダイムシフト」(ギター:松下誠、ベース:富倉安生、ドラムス:宮崎全弘)に参加。1992年にはバンド「パラドックス」(ギター:棚部陽一、ベース:竹田弘樹、ドラムス:菅沼孝三)に参加。

 現在までに、来生たかお、山下達郎、谷村新司、ボブ佐久間、玉置浩二、安全地帯、千住明、辛島美登里、Kinki Kids、竹内まりや、福山雅治、渡辺真知子、叶正子、村下孝蔵、因幡晃などのツアーやレコーディングに参加をする。1999年からは、自己のピアノソロライブを行い好評を博す。近年(2004年以降)は、オーケストラとの共演にもその音楽活動の幅を拡げている。現在も、スタジオワークとライブのサポートの双方の活動を精力的に展開中。
 
 2001年10月20日に自主制作で初のピアノソロアルバム(1stアルバム)「心ときめいて」(自主制作/ライブ盤)を発表。2003年02月23日にはクラシックの楽曲を収めたピアノソロアルバム(2ndアルバム)「Story of Romantic Melodies」(自主制作/ライブ盤)を発表。2005年09月18日には3rdアルバム「Requiem」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。2007年09月13日には4thアルバム「あたたかな時間」(自主制作/スタジオ録音盤)を発表。

 2014年の秋から「Paradigm Shift(パラダイムシフト)」の活動に再び参加。

 2018年04月27日に株式会社DELLA(デラ)よりCD「眠りのジャズ / 松田真人」を発表。06月25日付でオリコンの業界紙「コンフィデンス」のアルバムチャート82位に入る。2019年03月29日には株式会社DELLA(デラ)より第二弾のCD「夜カフェ〜ジャズ・ピアノ」を発表。

 2018年6月よりシンガー・ソング・ライター小田純平のサポートに参加。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR